コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript 日付関連

[JavaScript] ローカル時刻を取得する(.toLocaleString)

投稿日:

ローカル時刻を取得するには、.toLocaleString()を使用します。

サンプルソース

例)現在日時のローカル時刻を取得する

実行例

ボタンを押すと、現在日時のローカル時刻を表示します。

 

解説

  • ローカル時刻とは、PCに設定されている地域の時刻です。
    (日本なら、標準時+9時間)
  • 協定世界時(UTC時刻)を取得したい場合は以下ページをご覧ください。
    [JavaScript] 協定世界時を取得する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript, 日付関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 文字列のバイト数を取得する

文字列のバイト数を取得するサンプルFunctionです。 サンプル 例)引数に渡された値のバイト数を取得するFuncti ...

[JavaScript] Nullの場合に指定した文字に置き換えるFunction

Nullの場合に指定した文字に置き換えるサンプルFunctionです。 サンプル 例)第1引数に受け取った値がnullの ...

[JavaScript] アラート(alert)を表示する

アラートを表示するには、window.alert()を使用します。 サンプルソース 例)アラートを表示する [crayo ...

[JavaScript] Enterキーでフォーカス移動する

Enterキーでフォーカス移動するサンプルです。 サンプルソース 例)Enterキーを押すとフォーカス移動する [cra ...

[JavaScript] 文字色と背景色を変更する

JavaScriptで文字色と背景色を変更するサンプルです。 サンプルソース 例)id="target"要素の文字色を白 ...

スポンサーリンク