コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] 符号を反転させる

投稿日:

符号を反転させるには、マイナスを付ければOKです。

サンプルソース

例)変数aの符号を反転させて変数resultに格納する

(結果)
result ⇒ 100

解説

  • マイナスを付加すると、元の値がマイナスならプラスに、プラスならマイナスに反転します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 連動するセレクトボックス

連動するセレクトボックスのサンプルです。 サンプルソース 例)都府県を選択すると、市区の選択肢が変わるセレクトボックス ...

[JavaScript] 半角(ASCII)文字チェックを行う

半角文字チェックを行うサンプルFunctionです。 サンプルソース 例)値が半角英数記号の場合はtrueを返す(空文字 ...

[JavaScript] ブランクチェックを行う

指定された値がnullまたは空文字でないことをチェックする関数です。 コピペしてそのままお使い頂けます。 サンプル 例) ...

[JavaScript] 要素をHTML形式でコンソールに出力する(console.dirxml)

要素をHTML形式でコンソールに出力したい場合は、console.dirxmlを使用します。 サンプルソース 例)要素( ...

[JavaScript] 配列の要素数を取得する

配列の要素数を取得するサンプルです。 配列の要素数を取得する 例)配列arrの要素数を取得する [crayon-5b28 ...

スポンサーリンク