JavaScript

[JavaScript] 子要素の件数を取得する(.childElementCount)

投稿日:2018年4月1日 更新日:

子要素の件数を取得するには、.childElementCountを使用します。

サンプルソース

例)リストの数を取得する

(結果)
5

解説

  • リスト(ul,li)以外でも、親子関係のある要素であれば件数を取得できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 配列に要素を追加する(.unshift)

配列に要素を追加するサンプルです。 配列の先頭に要素を追加する 配列の先頭に要素を追加するには、.unshiftを使用し ...

[JavaScript] オブジェクト名を省略してコーディングする(withブロック)

オブジェクト名を省略してコーディングするには、withを使用します。 withブロックを使う withブロックを使うと、 ...

[JavaScript] オブジェクト(連想配列)の配列の生成・更新・削除を行う

JavaScriptでオブジェクト(連想配列)の配列に関するサンプルです。 オブジェクト(連想配列)の配列を生成 まず、 ...

[JavaScript] URLエンコード/デコードを行う

URLエンコード/デコードを行うサンプルです。 URLエンコードを行う URLエンコードを行うには、encodeURIC ...

[JavaScript] 画像をキャッシュさせない方法

HTMLで画像を表示するにはimgタグを使用しますが、一度使用した画像はブラウザにキャッシュされるため意図しない画像が表 ...

スポンサーリンク