JavaScript

[JavaScript] 2つの日付の差を日数で求める

投稿日:2016年10月4日 更新日:

2つの日付の差を日数で求めるサンプルです。

サンプル

例)2016年1月1日~2016年6月30日の日数を求める

(結果)
181

解説

  • Date型からDate型を引くと差分がミリ秒単位で取得できますので、それを1日分のミリ秒(24時間x60分x60秒x1,000ミリ秒=86,400,000ミリ秒)で割って、余りを切り上げれば差分の日数が求まります。
  • Math.ceil関数は、小数点以下の切り上げを行う関数です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 例外処理

例外処理のサンプルです。 例外処理の構文 例外処理の構文と書き方サンプルです。 (構文) try{  //例外が発生する ...

[JavaScript] 文字列を大文字または小文字に変換する

文字列を大文字または小文字に変換するサンプルです。 大文字/小文字に変換するには、toUpperCase、toLower ...

[JavaScript] ウィンドウ内のフレーム数を取得する(window.length)

ウィンドウ内のフレーム数を取得するには、window.lengthを使用します。 サンプルソース 例)ウィンドウ内のフレ ...

[JavaScript] Base64形式の画像データをcanvasに表示する

Base64形式の画像データをcanvasに表示するサンプルです。 サンプルソース 例)Base64文字列をcanvas ...

[JavaScript] undefinedとnullについて

undefinedと、nullについてまとめてみました。 どういった場合にundefinedやnullとなるか 変数を宣 ...

スポンサーリンク