JavaScript

[JavaScript] 2つの日付の差を日数で求める

投稿日:2016年10月4日 更新日:

2つの日付の差を日数で求めるサンプルです。

サンプル

例)2016年1月1日~2016年6月30日の日数を求める

(結果)
181

解説

  • Date型からDate型を引くと差分がミリ秒単位で取得できますので、それを1日分のミリ秒(24時間x60分x60秒x1,000ミリ秒=86,400,000ミリ秒)で割って、余りを切り上げれば差分の日数が求まります。
  • Math.ceil関数は、小数点以下の切り上げを行う関数です。
  • new Dateで年月日しか指定しないと、結果として86400000で割り切れる値しか取得できないので、差日を求める箇所での丸め処理は不要です。(yg様ご指摘)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


  1. yg より:

    day1、day2ともにnew Date()にて年月日のみを指定しており時分秒は指定していない。
    ということは両日ともに00:00:00時点のミリ秒が取得できているわけです。
    即ち必ず86400000で割り切れますので、Math.ceilは不要です。

    • とら より:

      コメントありがとうございます。
      確かに割り切れる結果しか取れませんね。

      Math.Ceil() は余計な処理となるので削除させて頂きます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] テキストの選択開始時イベントを取得する(onSelectStart)

テキストの選択開始時イベントを取得するには、onselectstartを使用します。 IE、Edgeでのみ動作します。 ...

[JavaScript] 平方根を求める(Math.sqrt)

平方根を求めるには、Math.sqrt()を使用します。 構文 (aの平方根を求めてxに代入する) var x = Ma ...

[JavaScript] HTMLタグに独自属性を追加/取得する

HTMLタグに独自属性を追加/取得するサンプルです。 独自属性をセットする場合は .setAttribute()、 独自 ...

[JavaScript] セレクトボックスの選択中のvalue値を取得する

セレクトボックスの選択中のvalue値を取得するサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すと、セレクトボックスで選 ...

[JavaScript] 数値の正数、ゼロ、負数を判定する(Math.sign)

数値の正数、ゼロ、負数を判定するには、Math.sign()を使用します。 構文 (aが正数かゼロか負数を判定する) v ...

スポンサーリンク