JavaScript

[JavaScript] 2つの日付の差を日数で求める

投稿日:2016年10月4日 更新日:

2つの日付の差を日数で求めるサンプルです。

サンプル

例)2016年1月1日~2016年6月30日の日数を求める

(結果)
181

解説

  • Date型からDate型を引くと差分がミリ秒単位で取得できますので、それを1日分のミリ秒(24時間x60分x60秒x1,000ミリ秒=86,400,000ミリ秒)で割って、余りを切り上げれば差分の日数が求まります。
  • Math.ceil関数は、小数点以下の切り上げを行う関数です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] セレクトボックスを未選択状態にする

セレクトボックスを未選択状態にするには、selectedIndexに -1 をセットすればOKです。 サンプルソース 例 ...

[JavaScript] 要素をHTML形式でコンソールに出力する(console.dirxml)

要素をHTML形式でコンソールに出力したい場合は、console.dirxmlを使用します。 サンプルソース 例)要素( ...

[JavaScript] 一定時間ごとに処理を実行する

一定時間ごとに処理を実行するサンプルです。 サンプル 例)1秒毎に現在時刻を表示する [crayon-5bca060ad ...

[JavaScript] 配列の要素をシャッフルする

配列の要素をシャッフルするサンプルです。 サンプルソース 例)引数に受け取った配列をシャッフルするFunction [c ...

[JavaScript] 半角英数チェックを行う

半角英数チェックを行うサンプルFunctionです。 サンプル 例)値が半角英数の場合はtrueを返す(空文字はOK,半 ...

スポンサーリンク