JavaScript

[JavaScript] 2つの日付の差を日数で求める

投稿日:2016年10月4日 更新日:

2つの日付の差を日数で求めるサンプルです。

サンプル

例)2016年1月1日~2016年6月30日の日数を求める

(結果)
181

解説

  • Date型からDate型を引くと差分がミリ秒単位で取得できますので、それを1日分のミリ秒(24時間x60分x60秒x1,000ミリ秒=86,400,000ミリ秒)で割って、余りを切り上げれば差分の日数が求まります。
  • Math.ceil関数は、小数点以下の切り上げを行う関数です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 連動するセレクトボックス

連動するセレクトボックスのサンプルです。 サンプルソース 例)都府県を選択すると、市区の選択肢が変わるセレクトボックス ...

[JavaScript] 文字列に改行を含める

文字列に改行を含めるサンプル2パターンです。 サンプルソース 例1)文字列に改行を含める(バックスラッシュで囲う方法) ...

[JavaScript] 要素のidを変更する

JavaScriptで要素のidを変更することができます。 サンプル 例)ボタンを押すとid="aaa"をid="bbb ...

[JavaScript] 都道府県選択セレクトボックスを生成する

都道府県選択セレクトボックスをJavaScriptで生成するサンプルです。 サンプルソース 例)onLoad時に都道府県 ...

[JavaScript] グリニッジ標準時(GMT時刻)を取得する(.toGMTString)

グリニッジ標準時(GMT時刻)を取得するには、.toGMTString()を使用します。 サンプルソース 例)現在日時の ...

スポンサーリンク