JavaScript

[JavaScript] 画面の位置を移動する(moveTo、moveBy)

投稿日:2017年12月10日 更新日:

画面の位置を移動するにはmoveToまたはmoveByを使用します。
moveToとmoveByの違いは以下の通りです。

moveTo位置を絶対値で指定する。
(例)moveTo(100, 200) ⇒ X=100, Y=200の位置に移動する
moveBy位置を相対値で指定する。
(例)moveBy(100, 200) ⇒ 現X位置+100, 現Y位置+200に移動する

サンプル

例)ウィンドウの位置をX=200, Y=100にする

window.open時に指定すれば実現可能ですが、敢えてmoveToで設定しています。

実行サンプル

ボタンを押すと、window.openした画面の位置をx=100, y=100pxに移動します。

解説

  • moveTo/moveByは、window.openで開いた画面のみ有効です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] テキストボックスにフォーカスを当てた時に全選択状態にする

テキストボックスにフォーカスを当てた時に全選択状態にするには、select()を使用します。 サンプル 例)フォーカスを ...

[JavaScript] ブランクチェックを行う

指定された値がnullまたは空文字でないことをチェックする関数です。 コピペしてそのままお使い頂けます。 サンプル 例) ...

[JavaScript] で変数を宣言する(var, let)

JavaScriptで変数を宣言するには、var または letを使用します。 ※letはECMAScript6以降対応 ...

[JavaScript] 無名関数を使用する

無名関数とは、読んで字のごとくでFunction名が定義されていない関数です。 無名関数は関数リテラルを定義する場合や、 ...

[JavaScript] オブジェクトが配列かどうか判定する

オブジェクトが配列かどうか判定するサンプルです。 サンプル instanceofを使う方法と、Array.isArray ...

スポンサーリンク