JavaScript

[JavaScript] 画面の位置を移動する(moveTo、moveBy)

投稿日:2017年12月10日 更新日:

画面の位置を移動するにはmoveToまたはmoveByを使用します。
moveToとmoveByの違いは以下の通りです。

moveTo位置を絶対値で指定する。
(例)moveTo(100, 200) ⇒ X=100, Y=200の位置に移動する
moveBy位置を相対値で指定する。
(例)moveBy(100, 200) ⇒ 現X位置+100, 現Y位置+200に移動する

サンプル

例)ウィンドウの位置をX=200, Y=100にする

window.open時に指定すれば実現可能ですが、敢えてmoveToで設定しています。

実行サンプル

ボタンを押すと、window.openした画面の位置をx=100, y=100pxに移動します。

解説

  • moveTo/moveByは、window.openで開いた画面のみ有効です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] メッセージIDでメッセージを管理する

メッセージIDを定義して、定義したIDでメッセージを管理するサンプルです。 サンプルソース 例)メッセージの定義と呼び出 ...

[JavaScript] タグ名からオブジェクトを取得する

タグ名からオブジェクトを取得するには、 document.getElementsByTagNameを使用します。 サンプ ...

[JavaScript] 動的に追加したイベントを削除する(removeEventListener)

動的に追加したイベントを削除するには、removeEventListenerを使用します。 (動的にイベントを追加する方 ...

[JavaScript] アロー関数のサンプル

アロー関数は、矢(アロー)のような見た目の「=>」を使用した関数です。 無名関数をさらに省略した書き方ができ、慣れ ...

[JavaScript] imgタグの画像をBase64形式に変換する

imgタグの画像をBase64形式に変換するサンプルです。 サンプルソース 例)canvasのデータをjpeg形式として ...

スポンサーリンク