コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

DOM関連 JavaScript

[JavaScript] テーブルの行数、列数を取得する

投稿日:2016年10月7日 更新日:

テーブルの行数、列数を取得するにはrows.lengthcells.lengthを使用します。

サンプル

例)id="tbl1"のテーブルの行数、列数を取得する

サンプルテーブル

列1列2
A1A2
B1B2
C1C2
(結果)
行数:4 列数:2

解説

  • 行数はthead,tbody,th,td関係なく、単純に全ての行数が返ります。
  • 列数は指定した行の列数を返します。colspanで列を結合していた場合は、結合後の列数が返ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-DOM関連, JavaScript

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] セレクトボックスの選択を位置付ける

セレクトボックスの選択を位置付けるサンプルです。 インデックス番号で位置付ける方法と、value値で位置付ける方法の2種 ...

[JavaScript] グリニッジ標準時(GMT時刻)を取得する(.toGMTString)

グリニッジ標準時(GMT時刻)を取得するには、.toGMTString()を使用します。 サンプルソース 例)現在日時の ...

[JavaScript] 指定したページ数分履歴を移動する(history.go)

指定したページ数分履歴を移動するには、history.go()を使用します。 サンプルソース 例)指定したページ数分履歴 ...

[JavaScript] 文字のASCIIコードを取得する

文字のASCIIコードを取得するには、charCodeAtを使用します。 サンプルソース charCodeAtの引数には ...

[JavaScript] 連想配列の配列の生成・更新・削除を行う

JavaScriptで連想配列の配列に関するサンプルです。 連想配列の配列を生成 まず、連想配列の配列は以下のように生成 ...

スポンサーリンク