JavaScript

[JavaScript] サブウィンドウから親ウィンドウを参照する(window.opener)

投稿日:2016年10月2日 更新日:

サブウィンドウから親ウィンドウを参照するには、window.openerで参照できます。

サンプルソース

例)子画面(sub.html)で入力された値を親画面(main.html)にセットする

実行サンプル

ここに子画面で入力された値がセットされます。

 

解説

window.openで開いたウィンドウは、window.openerで親ウィンドウを参照できます。
(window.openの詳細は「サブウィンドウを開く」を参照ください。)


子画面から親画面へ値を渡したい場合は、以下のように親画面のオブジェクトを取得して value等へ値を渡せばOKです。


子画面を閉じたい場合は、以下のようにすれば閉じることができます。

その他メモ

  • 親画面が既に閉じられている状態で値をセットするとjavascriptエラーとなります。
  • エラーを回避したい場合は、値をセットする前にwindow.openerで取得したオブジェクトをnull判定すればOKです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 2進数、8進数、16進数値⇔10進数を変換する

2進数、8進数、16進数と10進数を変換するサンプルです。 n進数→10進数に変換する n進数を10進数に変換するには、 ...

[JavaScript] オブジェクト(連想配列)の要素を削除する

オブジェクト(連想配列)の要素を削除するには deleteを使用します。 オブジェクト(連想配列)の要素を削除する 例) ...

[JavaScript] 新規に開いた画面にSubmitする

新規に開いた画面にSubmitするサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すと 1000×500px の画面を開き ...

[JavaScript] 画面の位置を移動する(moveTo、moveBy)

画面の位置を移動するにはmoveToまたはmoveByを使用します。 moveToとmoveByの違いは以下の通りです。 ...

[JavaScript] 関数から複数値を返す

通常JavaScriptの関数の戻り値は1つですが、 以下のようにすれば複数値返すこともできます。 方法1)配列で返す ...

スポンサーリンク