JavaScript

[JavaScript] ブラウザ上の要素の表示/非表示を切替える(非表示時は詰まる)

投稿日:2016年10月2日 更新日:

ブラウザ表示上の指定した箇所の表示/非表示を切り替えるサンプルです。
非表示時は表示領域が詰まって表示されます。

サンプルソース

例)ボタンを押す毎にid="target"の要素の表示/非表示を切り替える

実行サンプル

ボタンを押すと、黄色い枠の部分の表示/非表示が切り替わります。


表示切替領域

解説

  • style.displayで表示/非表示を切替えるこの方法だと、非表示した場合にもともとあった領域が無くなって表示されます。(非表示にした部分は詰まって表示されます。)
  • 非表示にしたときに領域を保持しておきたい場合は、style.visibilityを使用します。
    詳しくは「ブラウザ上の要素の表示/非表示を切替える(非表示時も詰まらない)」をご覧ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 初期チェック状態を取得する(.defaultChecked)

チェックボックス等の初期チェック状態を取得するには、.defaultCheckedを使います。 サンプルソース 例)ボタ ...

[JavaScript] 文字列を繰り返す

文字列を指定した回数繰り返した結果を取得するサンプルです。 サンプルソース 文字列を指定した回数繰り返した値を取得するに ...

[JavaScript] 文字列からFunctionを生成する

文字列からFunctionを生成するサンプルです。 サンプルソース 例)文字列からFunctionを生成して実行するサン ...

[JavaScript] 文字列を置換する(.replace)

文字列を置換するサンプルです。 置換には、replace関数を使用します。 一番初めに出現した置換対象文字のみ置換する ...

[JavaScript] imgタグに画像が存在するかチェックする

imgタグに画像が存在するかチェックするサンプルです。 画像がリンク切れしているかどうかをチェックしたい場合などに使用で ...

スポンサーリンク