JavaScript

[JavaScript] undefinedとnullについて

投稿日:

undefinedと、nullについてまとめてみました。

どういった場合にundefinedやnullとなるか

変数を宣言しても値をセットしない場合にundefinedになります。
変数にnullをセットした場合にnullになります。

例)undefinedとnullになるパターンサンプル

宣言をしないで参照しようとした場合は例外となります。

undefinedとnullの判定方法

値がundefinedやnullであるかどうかを判定するには、比較演算子「===」を使用します。

例)undefinedとnullの比較サンプル

厳密でない比較演算子「==」では正しく比較されません。

undefinedとnullのtypeof結果

undefinedのtypeof結果はundefined、nullのtypeof結果はobjectとなります。

例)undefinedとnullのtypeof結果

nullはnullではなく、objectなのでご注意ください。

まとめ

  • 結果として以下のように考えると分かりやすいと思います。
    undefined:変数の値が未定義である
    null:変数の値が空である(空文字「''」ではない)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] テキストの選択範囲のカーソル位置を取得する

JavaScriptでテキストボックスのカーソル位置を取得するには、 selectionStart、selectionE ...

[JavaScript] JavaScriptの予約語

JavaScriptには以下の予約語があります。 予約語は変数名やFunction名などに使用することができません。 J ...

[JavaScript] 画像をキャッシュさせない方法

HTMLで画像を表示するにはimgタグを使用しますが、一度使用した画像はブラウザにキャッシュされるため意図しない画像が表 ...

[JavaScript] テキストボックスにフォーカスを当てた時に全選択状態にする

テキストボックスにフォーカスを当てた時に全選択状態にするには、select()を使用します。 サンプル 例)フォーカスを ...

[JavaScript] モニターの利用可能なサイズを取得する(availWidth、availHeight)

モニターの利用可能なサイズを取得するには、screen.availWidth、screen.availHeight を使 ...

スポンサーリンク