JavaScript

[JavaScript] 2進数、8進数、16進数の数値リテラル

投稿日:2016年10月13日 更新日:

数値リテラルで2進数、8進数、16進数を表す方法です。

2進数の数値リテラル

2進数を数値リテラルで表す場合は、2進数表記の先頭に「0b」(ゼロ・ビー)を付けます。

(結果)
170

解説

  • リテラルのbは小文字が一般的ですが、大文字/小文字どちらでもOKです。

8進数の数値リテラル

8進数を数値リテラルで表す場合は、8進数表記の先頭に「0o」(ゼロ・オー)を付けます。

(結果)
63

解説

  • リテラルのoは小文字が一般的ですが、大文字/小文字どちらでもOKです。
  • 8進数の数値リテラルは、0のみでも可です。(例)077 → 63

16進数の数値リテラル

16進数を数値リテラルで表す場合は、16進数表記の先頭に「0x」(ゼロ・エックス)を付けます。

(結果)
255

解説

  • リテラルのxは小文字が一般的ですが、大文字/小文字どちらでもOKです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 配列から要素を取得する

配列から要素を取得するサンプルです。 指定したインデックスの要素を取得する 要素を取得するには、配列番号で取得します。 ...

[JavaScript] べき乗を求める(Math.pow)

べき乗を求めるには、Math.pow()を使用します。 構文 (aのb乗を求めてxに代入する) var x = Math ...

[JavaScript] ひらがなチェックを行う

JavaScriptでひらがなチェックを行うサンプルFunctionです。 ひらがなチェックを行う 例)値がひらがなの場 ...

[JavaScript] 配列の要素数を取得する

配列の要素数を取得するサンプルです。 配列の要素数を取得する 例)配列arrの要素数を取得する [crayon-5cbf ...

[JavaScript] イベントの呼び出し元のオブジェクトを取得する(event.target)

イベントの呼び出し元のオブジェクトを取得するには、event.targetを使用します。 サンプルソース 例)event ...

スポンサーリンク