JavaScript

[JavaScript] ページを離れる時に警告を表示する(onBeforeUnload)

投稿日:2016年11月27日 更新日:

ページを離れる時に警告を表示するには、onBeforeUnloadを使用します。

「ページを離れる」には、画面遷移、Submit、ウィンドウを閉じるがすべて含まれます。

サンプルソース

例)ページを離れる時にメッセージを表示する

実行サンプル

当ページから離れようとするとメッセージが表示されます。

解説

  • ブラウザによっては、指定したメッセージが表示されません。(Chromeなど)
  • onBeforeUnloadイベントは、画面遷移時、Submit時、ウィンドウを閉じる時すべてで発生するので、閉じる時以外は表示させたくないなどの場合はフラグなどで制御する必要があります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] フォーム内で自動フォーカス移動を行う

テキストボックスに最大文字数の入力がされたら、自動で次のフォーム部品へ移動するサンプルです。 自動フォーカス移動 例)最 ...

[JavaScript] 履歴の数を取得する(history.length)

履歴の数を取得するには、history.lengthを使用します。 サンプルソース 例)履歴の数を取得して、変数aに代入 ...

[JavaScript] 日付オブジェクト(Date型)を生成する

日付オブジェクトを生成するサンプルです。 日付オブジェクトを生成する 例)Date型を生成するサンプルいろいろ [cra ...

[JavaScript] 四捨五入、切り捨て、切り上げを行う

四捨五入、切り捨て、切り上げを行うサンプルです。 四捨五入を行う 四捨五入は、Math.roundを使用します。 [cr ...

[JavaScript] 関数の呼出し元の関数名を取得する(caller.name)

関数の呼出し元の関数名を取得するには、caller.nameを使用します。 サンプルソース 例)関数fnc02を呼び出し ...

スポンサーリンク