JavaScript

[JavaScript] ブラウザの戻るボタン、次へボタンを実装する

投稿日:2016年10月6日 更新日:

javascriptでブラウザの履歴を操作するには、window.historyを使用します。

サンプルソース

例)「戻る」ボタン、「次へ」ボタンを実装する

実行サンプル

↓ボタンを押すと、ブラウザの「戻る」「進む」と同じ動きをします

 

解説

  • 「戻る」場合は、window.history.back(); を使用します。
  • 「進む」場合は、window.history.forward(); を使用します。
  • window. の部分は省略可能です。
    (例)window.history.back(); → history.back();

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] canvasに円を描画する(.arc)

canvasに円を描画するには、.beginPath()と.arc()を使用します。 サンプルソース 例)canvasに ...

[JavaScript] id名からオブジェクトを取得する

タグに付けられたid名からオブジェクトを取得するには、 document.getElementByIdを使用します。 サ ...

[JavaScript] 協定世界時(UTC時刻)を取得する(.toUTCString)

協定世界時(UTC時刻)を取得するには、.toUTCString()を使用します。 サンプルソース 例)現在日時のUTC ...

[JavaScript] 文字色と背景色を変更する

JavaScriptで文字色と背景色を変更するサンプルです。 サンプルソース 例)id="target"要素の文字色を白 ...

[JavaScript] 縦位置を指定する(style.verticalAlign)

JavaScriptで縦位置を指定するには、style.verticalAlignを使用します。 サンプルソース 例)ボ ...

スポンサーリンク