JavaScript

[JavaScript] ブラウザの戻るボタン、次へボタンを実装する(history.back、history.forward)

投稿日:2016年10月6日 更新日:

javascriptでブラウザの履歴を操作するには、
window.history.back()window.history.forward()を使用します。

サンプルソース

例)「戻る」ボタン、「次へ」ボタンを実装する

実行サンプル

↓ボタンを押すと、ブラウザの「戻る」「進む」と同じ動きをします

 

解説

  • 「戻る」場合は、window.history.back(); を使用します。
  • 「進む」場合は、window.history.forward(); を使用します。
  • window. の部分は省略可能です。
    (例)window.history.back(); → history.back();

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] ブラウザのサイズを取得する

表示中のブラウザのサイズを取得するには、 window.outerWidth / window.outerHeightま ...

[JavaScript] 配列の値を全件取得する(forEach、for-of)

配列の値を全件取得するには、forEachまたは、for-of構文を使用します。 ※ for-of構文はECMAScri ...

[JavaScript] 数値カンマ編集を行うテキストボックス

フォーカスが当たるとカンマ編集を解除し、フォーカスが外れるとカンマ編集を行うテキストボックスのサンプルです。 数値カンマ ...

[JavaScript] ローカル時刻を取得する(.toLocaleString)

ローカル時刻を取得するには、.toLocaleString()を使用します。 サンプルソース 例)現在日時のローカル時刻 ...

[JavaScript] ダブルクリック イベントを取得する(onDblClick)

ダブルクリックイベントを取得するには、ondblclickイベントハンドラを使用します。 サンプルソース 例)ボタンをダ ...

スポンサーリンク