JavaScript

[JavaScript] ブラウザの戻るボタン、次へボタンを実装する(history.back、history.forward)

投稿日:2016年10月6日 更新日:

javascriptでブラウザの履歴を操作するには、
window.history.back()window.history.forward()を使用します。

サンプルソース

例)「戻る」ボタン、「次へ」ボタンを実装する

実行サンプル

↓ボタンを押すと、ブラウザの「戻る」「進む」と同じ動きをします

 

解説

  • 「戻る」場合は、window.history.back(); を使用します。
  • 「進む」場合は、window.history.forward(); を使用します。
  • window. の部分は省略可能です。
    (例)window.history.back(); → history.back();

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] Javaが使えるかどうか判定する(navigator.javaEnabled())

Javaが使えるかどうか判定するには、navigator.javaEnabled() を使用します。 サンプルソース 例 ...

[JavaScript] オブジェクト(連想配列)の要素を削除する

オブジェクト(連想配列)の要素を削除するには deleteを使用します。 オブジェクト(連想配列)の要素を削除する 例) ...

[JavaScript] 選択されている文字列を取得する(.getSelection())

選択されている文字列を取得するには、document.getSelection()を使用します。 サンプルソース 例)ボ ...

[JavaScript] callback関数を使用するサンプル

callback関数は、関数の引数に渡す関数のことです。 サンプルソース 例)関数「test」に、関数を渡すサンプル [ ...

[JavaScript] 配列を生成する

配列を生成するサンプルです。 配列を生成するサンプル 配列の生成方法には、以下3パターンがあります。 例)配列を生成する ...

スポンサーリンク