JavaScript

[JavaScript] 数値の正数、ゼロ、負数を判定する(Math.sign)

投稿日:

数値の正数、ゼロ、負数を判定するには、Math.sign()を使用します。

構文

(aが正数かゼロか負数を判定する)
var x = Math.sign(a);

正数の場合は1、負数の場合は-1、ゼロの場合は0が返ります。

サンプル

例)数値の正数、ゼロ、負数を判定する

解説

  • 引数に数値に変換できない文字列を渡すとNaNが返ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 数値チェックを行う

指定された値が数値かどうかをチェックするサンプルFunctionです。 サンプルソース 例1)値が数値かどうかチェックす ...

[JavaScript] HTMLタグに独自属性を設定する(dataset)

HTMLタグに独自の属性を設定したい場合は、datasetという仕組みを使用します。 カスタムデータ属性とも呼ばれます ...

[JavaScript] 都道府県選択セレクトボックスを生成する

都道府県選択セレクトボックスをJavaScriptで生成するサンプルです。 サンプルソース 例)onLoad時に都道府県 ...

[JavaScript] 画面のサイズを変更する(resizeTo、resizeBy)

画面のサイズを変更するにはresizeToまたはresizeByを使用します。 resizeToとresizeByの違い ...

[JavaScript] keypressイベントを取得する(onKeyPress)

keypressイベントを取得するサンプルです。 サンプルソース 例1)テキストボックスでキーを押すとキーコードが表示さ ...

スポンサーリンク