JavaScript

[JavaScript] URLエンコード/デコードを行う

投稿日:2016年10月1日 更新日:

URLエンコード/デコードを行うサンプルです。

URLエンコードを行う

URLエンコードを行うには、encodeURIComponentまたはencodeURIを使います。

例)encodeURIComponentを使うパターン

(結果)
%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%86%3F%26ABC

例)encodeURIを使うパターン

(結果)
%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%86?&ABC

URLデコードを行う

URLデコードを行うには、decodeURIComponentまたはdecodeURIを使います。

例)decodeURIComponentを使うパターン

(結果)
あいう?&ABC

例)decodeURIを使うパターン

(結果)
あいう%3F%26ABC

解説

  • URLエンコード(文字列 → エンコード文字)を行うには、encodeURIComponent/encodeURIを使用します。
  • URLデコード(エンコード文字 → 文字列)を行うには、decodeURIComponent/decodeURIを使用します。
  • Componentが付くか付かないかの違いは、URI文字で特別な意味を持つ記号等(?&/=@;:+$,)を変換するかしないかの違いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 通信プロトコル(http/https等)を判定する

使われている通信プロトコルを判定するサンプルです。 サンプルソース 例)使われている通信プロトコルを判定する [cray ...

[JavaScript] 画像オブジェクトを取得する

画像オブジェクトを取得する方法です。 サンプルソース 例)画像(id="neko")オブジェクトを取得する [crayo ...

[JavaScript] Submit時イベントを取得する(onSubmit)

Submit時イベントを取得するには、onsubmitイベントハンドラを使用します。 サンプルソース 例)Submit前 ...

[JavaScript] 指定した年月の最終日を取得する

指定した年月の最終日を取得するサンプルです。 サンプル 例)2016年2月の最終日を取得する [crayon-5d83d ...

[JavaScript] 文字列中に指定した文字が出現する回数を取得する

文字列中に指定した文字が出現する回数を取得するサンプルです。 サンプル 例)引数に、文字列と指定文字を指定すると指定文字 ...

スポンサーリンク