JavaScript

[JavaScript] 数値文字列を数値型に変換する

投稿日:2016年10月1日 更新日:

数値文字列を数値型に変換するサンプルです。

サンプル

例)数値文字列を数値型に変換する

解説

  • 数値でない文字列が渡された場合は、NaN型(Not A Number)が返ります。
  • 小数文字列をparseIntに渡すと小数点以下は切り捨てられます。
  • parseIntは、第2引数に進数の指定ができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] オブジェクト(連想配列)の要素数を取得する

オブジェクト(連想配列)の要素数を取得するサンプルです。 オブジェクト(連想配列)の要素数を取得する オブジェクト(連想 ...

[JavaScript] JavaScriptファイルを非同期で読み込む(async/defer)

JavaScriptファイルを非同期で読み込むには、async/deferキーワードを使用します。 サンプル 例1)同期 ...

[JavaScript] 選択されている文字列を取得する(.getSelection())

選択されている文字列を取得するには、document.getSelection()を使用します。 サンプルソース 例)ボ ...

[JavaScript] ページのスクロール量を取得する(pageXOffset、pageYOffset)

ページのスクロール量を取得するには、 pageXOffset、pageYOffset を使用します。 サンプルソース 例 ...

[JavaScript] ブラウザの新規タブにopen.windowする

ブラウザの新規タブにopen.windowするには、 オプションを指定せずにopen.windowすればOKです。 サン ...

スポンサーリンク