JavaScript

[JavaScript] 数値文字列を数値型に変換する

投稿日:2016年10月1日 更新日:

数値文字列を数値型に変換するサンプルです。

サンプル

例)数値文字列を数値型に変換する

解説

  • 数値でない文字列が渡された場合は、NaN型(Not A Number)が返ります。
  • 小数文字列をparseIntに渡すと小数点以下は切り捨てられます。
  • parseIntは、第2引数に進数の指定ができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] フォーム部品のDisable/Enableを切り替える

テキストボックスやボタンなどのDisable/Enableを切り替えるサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すた ...

[JavaScript] HTMLエスケープ処理をする

JavaScriptでHTMLエスケープ処理をするFunctionです。 サンプルソース 例)HTMLエスケープを行うF ...

[JavaScript] 乱数を取得する(Math.random)

乱数を取得するには、Math.random()を使用します。 このメソッドは0以上1未満の小数値を返すので、戻り値を取得 ...

[JavaScript] 複数の同名idを定義した場合の動き

1つのHTML中ではidは一意にする必要がありますが、誤って同名のidを複数定義してしまった場合にどのような動きとなるか ...

[JavaScript] 文字列中に指定した文字が出現する回数を取得する

文字列中に指定した文字が出現する回数を取得するサンプルです。 サンプル 例)引数に、文字列と指定文字を指定すると指定文字 ...

スポンサーリンク