コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] 動的に追加したイベントを削除する(removeEventListener)

投稿日:2016年11月5日 更新日:

動的に追加したイベントを削除するには、removeEventListenerを使用します。

(動的にイベントを追加する方法は、イベント処理を動的に追加するをご覧ください。)

動的に追加したイベントを削除する

まずは動的にイベントを追加するサンプルです。

このイベントを削除するには以下のように記述します。

解説

  • イベントを削除するときは、addした時と同じ引数を指定する必要があります。
  • 無名Functionでaddしたイベントは削除できません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] URLエンコード/デコードを行う

URLエンコード/デコードを行うサンプルです。 URLエンコードを行う URLエンコードを行うには、encodeURIC ...

[JavaScript] pxやemなどの単位を除去する

style.widthなどで値を取得すると、"120px"のような単位付きの値が取得されます。 この単位を取るには、pa ...

[JavaScript] 右クリックを禁止にする

ブラウザ上でのマウス右クリックを禁止にするには、 oncontextmenuイベントハンドラを設定します。 サンプル 例 ...

[JavaScript] 画像(Image)オブジェクトを生成する

JavaScriptで画像オブジェクト(Imageオブジェクト)を生成する方法です。 サンプルソース 例1)newを使用 ...

[JavaScript] 配列の並びを逆順にする(.reverse)

配列の並びを逆順にするには、.reverse()を使用します。 サンプルソース 例)配列「1,2,3,4,5」の並びを逆 ...

スポンサーリンク