JavaScript

[JavaScript] フォーム内で自動フォーカス移動を行う

投稿日:2016年11月28日 更新日:

テキストボックスに最大文字数の入力がされたら、自動で次のフォーム部品へ移動するサンプルです。

自動フォーカス移動

例)最大文字数入力すると自動で次の要素へフォーカス移動する

実行サンプル

それぞれ4文字入力すると自動で次のテキストボックスへ移動します。
(クレジットカード番号入力を想定しています。)

    

解説

  • テキストボックス以外の要素でもOKです。
  • ただしmaxlengthが無い要素(ラジオボタンなど)ではフォーカス移動しません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 文字列の指定位置に文字を挿入・削除する

文字列の指定位置に文字を挿入・削除するサンプルFunctionです。 文字列の指定位置に文字を挿入する 例)文字を挿入す ...

[JavaScript] ローカル時刻を取得する(.toLocaleString)

ローカル時刻を取得するには、.toLocaleString()を使用します。 サンプルソース 例)現在日時のローカル時刻 ...

[JavaScript] JavaScriptの定義方法3パターン

JavaScriptを定義方法には以下3通りあります。 HTML内のscript領域に定義する 別ファイルにに定義する ...

[JavaScript] ブラウザ上の要素の表示/非表示を切替える(非表示時は詰まる)

ブラウザ表示上の指定した箇所の表示/非表示を切り替えるサンプルです。 非表示時は表示領域が詰まって表示されます。 サンプ ...

[JavaScript] JavaScriptファイルのキャッシュを使用しない方法

JavaScriptファイルのキャッシュを使用しない方法です。 解説 JavaScriptファイルを読み込むには、通常以 ...

スポンサーリンク