コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] 消費税の税抜額を取得する

投稿日:2016年12月5日 更新日:

引数に受け取った金額の税抜き額を返すFunctionサンプルです。

サンプルソース

例)税率8%で計算。引数が数値以外の場合はnullを返す

実行サンプル

ボタンを押すと、テキストボックスに指定された値の税抜き額を表示します。

円 
 

解説

  • 税抜き額は、「税込み額 / (1 + 税率)」で算出できます。
  • 小数点以下は四捨五入で算出しています。
  • 税率を10%にしたい場合は、RATEの値を0.1に変更してください。
  • 数値以外が指定された場合はnullが返ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 画像をキャッシュさせない方法

HTMLで画像を表示するにはimgタグを使用しますが、一度使用した画像はブラウザにキャッシュされるため意図しない画像が表 ...

[JavaScript] 文字列の文字数を取得する(.length)

文字列の文字数(長さ)を取得するサンプルFunctionです。 サンプルソース 文字列の文字数を取得するには、lengt ...

[JavaScript] フォーム部品のDisable/Enableを切り替える

テキストボックスやボタンなどのDisable/Enableを切り替えるサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すた ...

[JavaScript] JavaScriptの型

JavaScriptではvarで変数宣言するのであまり型を意識しないかもしれませんが、 内部的には以下の型が自動で判定さ ...

[JavaScript] 配列の要素を比較する

配列の要素が同じかどうか比較する方法です。 配列をそのまま「==」などで比較すると、参照の比較となるためうまく比較できま ...

スポンサーリンク