JavaScript

[JavaScript] Functionの引数を番号で参照する

投稿日:2018年6月9日 更新日:

Functionの引数を番号で参照するサンプルです。

通常引数の値を使う時は、引数に定義した名称を使用しますが、引数の何番目といった参照をしたい場合に便利です。

サンプルソース

例)引数を番号で参照する

(結果)
10 20 30

解説

  • Functionの引数を番号で参照するには、arguments[<番号>]で参照できます。
  • 存在しない番号を指定した場合は、undefinedが返ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 呼び出されたイベント名を取得する(event.type)

呼び出されたイベント名を取得するには、event.typeを使います。 サンプルソース 例)イベント名を取得する [cr ...

[JavaScript] 文字列の末尾の文字を削除する

文字列の末尾の文字を削除するサンプルです。 サンプルソース 例)文字列の末尾の文字を削除する [crayon-5b7cb ...

[JavaScript] canvasの画像をBase64形式に変換する

canvasの画像をBase64形式に変換するには、.toDataURL()を使用します。 サンプルソース 例)canv ...

[JavaScript] ブロックスコープを定義する

JavaScriptでブロックスコープを定義する方法です。 ECMAScript5以前の環境では即時関数を使用しますが、 ...

[JavaScript] ブラウザのリロード(再読込)ボタンを実装する

ブラウザの「リロード」(再読込)ボタンを実装するサンプルです。 window.location.reloadを使用します ...

スポンサーリンク