コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] Functionの引数を番号で参照する

投稿日:2018年6月9日 更新日:

Functionの引数を番号で参照するサンプルです。

通常引数の値を使う時は、引数に定義した名称を使用しますが、引数の何番目といった参照をしたい場合に便利です。

サンプルソース

例)引数を番号で参照する

(結果)
10 20 30

解説

  • Functionの引数を番号で参照するには、arguments[<番号>]で参照できます。
  • 存在しない番号を指定した場合は、undefinedが返ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 次のコントロールを取得する(.nextElementSibling)

あるコントロールオブジェクトの次のコントロールオブジェクトを取得するには、.nextElementSiblingを使用し ...

[JavaScript] 配列内の要素を範囲指定で取り出す

配列内の要素を範囲指定で取り出すには、sliceメソッドを使用すると簡単に取り出せます。 サンプルソース 例)配列内の要 ...

[JavaScript] セレクトボックス値を動的に生成する

連想配列オブジェクトの値から、セレクトボックスの要素を動的に生成するサンプルです。 サンプルソース 例)連想配列arrの ...

[JavaScript] 文字列に改行を含める

文字列に改行を含めるサンプル2パターンです。 サンプルソース 例1)文字列に改行を含める(バックスラッシュで囲う方法) ...

[JavaScript] cookieから値を取得する

cookieから値を取得するサンプルです。 cookieから値を取得するサンプル cookieから値を取得するには、例1 ...

スポンサーリンク