JavaScript

[JavaScript] Functionの引数を番号で参照する

投稿日:2018年6月9日 更新日:

Functionの引数を番号で参照するサンプルです。

通常引数の値を使う時は、引数に定義した名称を使用しますが、引数の何番目といった参照をしたい場合に便利です。

サンプルソース

例)引数を番号で参照する

(結果)
10 20 30

解説

  • Functionの引数を番号で参照するには、arguments[<番号>]で参照できます。
  • 存在しない番号を指定した場合は、undefinedが返ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] テキストボックスの値の取得と設定を行う

テキストボックスの値の取得と設定を行うサンプルです。 テキストボックスの値を取得するサンプル 例)ボタンを押すとvalu ...

[JavaScript] 配列の値を全件取得する(forEach、for-of)

配列の値を全件取得するには、forEachまたは、for-of構文を使用します。 ※ for-of構文はECMAScri ...

[JavaScript] Numberの定数

Numberに定義されている定数の一覧です。 Numberの定数 定数メモ Number.NaNNaN値(NaN) Nu ...

[JavaScript] name名からオブジェクトを取得する

タグに付けられたname名からオブジェクトを取得するには、 document.getElementsByNameを使用し ...

[JavaScript] 配列の重複していないデータのみ抽出する

配列の重複していないデータのみ抽出するサンプルです。 サンプルソース 例)配列「arr1」から重複していないデータのみ抽 ...

スポンサーリンク