JavaScript

[JavaScript] 特殊な数値(NaNとInfinity)

投稿日:

JavaScriptの数値型には、1、2、3といった通常の数値以外に、
NaNInfinityの2つの特殊な数値があります。

※どちらも数値型なので、typeofの結果はnumberになります。

NaN(非数)

NaNは非数と呼ばれる数値で以下のような計算をした場合にNaNになります。

NaNに対して行った計算はNaNになります。

Infinity(無限大)

Infinityは無限大と呼ばれる数値で以下のような計算をした場合にInfinityになります。

Infinityには、正の無限大(Infinity)と負の無限大(-Infinity)があります。

Infinityに対して行った計算はInfinityになりますが、Infinityで割った値は0になります。

その他

  • NaNとInfinityは以下のようにも記述できます。
     NaN ⇒ Number.NaN
     Infinity ⇒ Number.POSITIVE_INFINITY
     -Infinity ⇒ Number.NEGATIVE_INFINITY

関連項目


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 縦位置を指定する(style.verticalAlign)

JavaScriptで縦位置を指定するには、style.verticalAlignを使用します。 サンプルソース 例)ボ ...

[JavaScript] 配列の重複データのみ抽出する

配列の重複データのみ抽出するサンプルです。 サンプルソース 例)配列「arr1」から重複要素のみを抽出した配列を取得する ...

[JavaScript] keydownイベントを取得する(onkeydown)

JavaScriptでkeydownイベントを取得するサンプルです。 サンプルソース 例1)テキストボックス上でキーを押 ...

[JavaScript] オブジェクト名を省略してコーディングする(withブロック)

オブジェクト名を省略してコーディングするには、withを使用します。 withブロックを使う withブロックを使うと、 ...

[JavaScript] フォーム部品のDisable/Enableを切り替える

テキストボックスやボタンなどのDisable/Enableを切り替えるサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すた ...

スポンサーリンク