JavaScript

[JavaScript] フォーム部品のDisable/Enableを切り替える

投稿日:2016年10月8日 更新日:

テキストボックスやボタンなどのDisable/Enableを切り替えるサンプルです。

サンプルソース

例)ボタンを押すたびにテキストボックスのDisableとEnableを切り替える

実行サンプル

ボタンを押すと、各フォーム部品のEnable/Disableが切り替わります。

 
  チェックボックス
  ラジオボタン
 

解説

  • Enable/Disableを設定するには、disabledプロパティにtrue/falseを設定します。
  • disabled=trueの要素はsubmitされません。
  • disabled=trueの要素は文字選択不可です。
  • readOnlyを使う方法もあります。詳しくは以下をご覧ください。
    →「テキストボックスを読み取り専用にする
    ※readOnlyはテキストボックス、テキストエリアのみ使用可能です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 配列の要素をクリアする

配列の要素をクリアするサンプル(2パターン)です。 サンプルソース 例1)配列の要素をクリアする(空の配列で上書きする) ...

[JavaScript] URLエンコード/デコードを行う

URLエンコード/デコードを行うサンプルです。 URLエンコードを行う URLエンコードを行うには、encodeURIC ...

[JavaScript] モニターの利用可能なサイズを取得する(availWidth、availHeight)

モニターの利用可能なサイズを取得するには、screen.availWidth、screen.availHeight を使 ...

[JavaScript] テキストボックスにフォーカスを当てた時に全選択状態にする

テキストボックスにフォーカスを当てた時に全選択状態にするには、select()を使用します。 サンプル 例)フォーカスを ...

[JavaScript] 配列の要素を比較する

配列の要素が同じかどうか比較する方法です。 配列をそのまま「==」などで比較すると、参照の比較となるためうまく比較できま ...

スポンサーリンク