JavaScript

[JavaScript] フォーム部品のDisable/Enableを切り替える

投稿日:2016年10月8日 更新日:

テキストボックスやボタンなどのDisable/Enableを切り替えるサンプルです。

サンプルソース

例)ボタンを押すたびにテキストボックスのDisableとEnableを切り替える

実行サンプル

ボタンを押すと、各フォーム部品のEnable/Disableが切り替わります。

 
  チェックボックス
  ラジオボタン
 

解説

  • Enable/Disableを設定するには、disabledプロパティにtrue/falseを設定します。
  • disabled=trueの要素はsubmitされません。
  • disabled=trueの要素は文字選択不可です。
  • readOnlyを使う方法もあります。詳しくは以下をご覧ください。
    →「テキストボックスを読み取り専用にする
    ※readOnlyはテキストボックス、テキストエリアのみ使用可能です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] コンソールに出力した回数をカウントする(console.count)

コンソールに文字列とともに出力した回数を出力するには、console.countを使用します。 サンプルソース 例)co ...

[JavaScript] HTMLタグに独自属性を追加/取得する

HTMLタグに独自属性を追加/取得するサンプルです。 独自属性をセットする場合は .setAttribute()、 独自 ...

[JavaScript] 半角は1文字、全角は2文字として文字数をカウントする

半角文字は1文字、全角文字は2文字として文字数をカウントするサンプルです。 サンプルソース 例)半角文字は1文字、全角文 ...

[JavaScript] ページを離れる直前に処理を行う(onBeforeUnload)

ページを離れる直前に処理を行うには、onBeforeUnloadイベントハンドラを使用します。 サンプルソース 例)ペー ...

[JavaScript] pxやemなどの単位を除去する

style.widthなどで値を取得すると、"120px"のような単位付きの値が取得されます。 この単位を取るには、pa ...

スポンサーリンク