JavaScript

[JavaScript] 履歴の数を取得する(history.length)

投稿日:

履歴の数を取得するには、history.lengthを使用します。

サンプルソース

例)履歴の数を取得して、変数aに代入する

解説

  • 現在表示中のページも履歴としててカウントされるので、結果が1の場合は履歴が無い事を表します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] Functionの引数を番号で参照する

Functionの引数を番号で参照するサンプルです。 通常引数の値を使う時は、引数に定義した名称を使用しますが、引数の何 ...

[JavaScript] 半角(ASCII)文字チェックを行う

半角文字チェックを行うサンプルFunctionです。 サンプルソース 例)値が半角英数記号の場合はtrueを返す(空文字 ...

[JavaScript] 要素のサイズを取得する

JavaScriptでdivなどの要素のサイズを取得する方法です。 .styleで取得する方法と、.getBoundin ...

[JavaScript] コンソールにメッセージを出力する

コンソールにメッセージを出力するサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すとコンソールにメッセージを出力する [c ...

[JavaScript] Javaが使えるかどうか判定する(navigator.javaEnabled())

Javaが使えるかどうか判定するには、navigator.javaEnabled() を使用します。 サンプルソース 例 ...

スポンサーリンク