JavaScript

[JavaScript] 履歴の数を取得する(history.length)

投稿日:

履歴の数を取得するには、history.lengthを使用します。

サンプルソース

例)履歴の数を取得して、変数aに代入する

解説

  • 現在表示中のページも履歴としててカウントされるので、結果が1の場合は履歴が無い事を表します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] ブラウザ上の要素の表示/非表示を切替える(非表示時は詰まる)

ブラウザ表示上の指定した箇所の表示/非表示を切り替えるサンプルです。 非表示時は表示領域が詰まって表示されます。 サンプ ...

[JavaScript] スタイルをCSS表記で設定する(style.cssText)

CSS表記のままJavaScriptでスタイルを指定したい場合は、style.cssTextを使用します。 サンプルソー ...

[JavaScript] Base64形式の画像データをimgタグに表示する

Base64形式の画像データをimgタグに表示するサンプルです。 サンプルソース 例)Base64文字列をimgタグにセ ...

[JavaScript] 文字列をJavaScriptコードとして評価する

文字列をJavaScriptコードとして評価するにはevalを使用します。 サンプル 例)文字列をJavaScriptコ ...

[JavaScript] HTMLタグに独自属性を設定する(dataset)

HTMLタグに独自の属性を設定したい場合は、datasetという仕組みを使用します。 カスタムデータ属性とも呼ばれます ...

スポンサーリンク