JavaScript

[JavaScript] 指定した文字の出現数を取得する

投稿日:2018年4月23日 更新日:

文字列中に指定した文字が出現する数を取得するサンプルFunctionです。

サンプルソース

例)指定した文字の出現数を取得する

(結果例)
coutStr("あいうえおあいうえお", "あ") ⇒2 coutStr("hogefoobar", "o") ⇒3

解説

  • 第1引数にnullを渡すと例外が発生します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] ツールチップを設定する

JavaScriptでツールチップを設定するサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すと、入力された値がツールチッ ...

[JavaScript] JavaScriptの型

JavaScriptではvarで変数宣言するのであまり型を意識しないかもしれませんが、 内部的には以下の型が自動で判定さ ...

[JavaScript] 2つの配列を結合する(.concat)

2つの配列を結合するには、.concat()を使用します。 2つの配列を結合するサンプル 例)配列 arr1 と arr ...

[JavaScript] canvasの画像をBase64形式に変換する

canvasの画像をBase64形式に変換するには、.toDataURL()を使用します。 サンプルソース 例)canv ...

[JavaScript] 小数点以下指定した桁数で四捨五入する(.toFixed)

小数点以下指定した桁数で四捨五入するには、.toFixed()を使用します。 サンプルソース 例)小数点以下指定した桁で ...

スポンサーリンク