JavaScript

[JavaScript] 偶数奇数を判定するFunction

投稿日:

偶数奇数を判定するFunctionサンプルです。

サンプルソース

例)偶数の場合はtrue、奇数の場合はfalseを返すFunction

実行サンプル

ボタンを押すと、テキストボックスに入力された値の偶数奇数を判定します。

 
 

偶数の場合はtrue、奇数の場合はfalseが表示されます。

解説

  • 数値のみが指定される前提の関数です。
  • 数値以外を指定すると以下のような結果となります。
    ・文字列 ⇒ false
    ・空文字 ⇒ true
    ・null ⇒ true

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] セレクトボックスの選択を位置付ける

セレクトボックスの選択を位置付けるサンプルです。 インデックス番号で位置付ける方法と、value値で位置付ける方法の2種 ...

[JavaScript] 条件がfalseの場合のみコンソールに出力する(console.assert)

条件がfalseの場合のみコンソールに出力するには、console.assertを使用します。 サンプルソース 例)co ...

[JavaScript] canvasに円を描画する(.arc)

canvasに円を描画するには、.beginPath()と.arc()を使用します。 サンプルソース 例)canvasに ...

[JavaScript] 都道府県選択セレクトボックスを生成する

都道府県選択セレクトボックスをJavaScriptで生成するサンプルです。 サンプルソース 例)onLoad時に都道府県 ...

[JavaScript] 履歴を残さずページ遷移する(location.replace)

戻るボタンで戻れないようにして画面遷移するには、location.replaceを使用します。 サンプルソース 例)ボタ ...

スポンサーリンク