JavaScript

[JavaScript] 偶数奇数を判定するFunction

投稿日:

偶数奇数を判定するFunctionサンプルです。

サンプルソース

例)偶数の場合はtrue、奇数の場合はfalseを返すFunction

実行サンプル

ボタンを押すと、テキストボックスに入力された値の偶数奇数を判定します。

 
 

偶数の場合はtrue、奇数の場合はfalseが表示されます。

解説

  • 数値のみが指定される前提の関数です。
  • 数値以外を指定すると以下のような結果となります。
    ・文字列 ⇒ false
    ・空文字 ⇒ true
    ・null ⇒ true

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 数値が有限数かどうかチェックを行う(isFinite)

数値が有限数かどうかチェックをするには、isFinite()関数を使用します。 サンプル 例)isFinite関数の結果 ...

[JavaScript] 日付文字列(YYYYMMDD)から年度を求める

日付文字列(YYYYMMDD)から年度を求めるサンプルです。 サンプルソース 例)引数に日付文字列(YYYYMMDD)を ...

[JavaScript] 複数の同名idを定義した場合の動き

1つのHTML中ではidは一意にする必要がありますが、誤って同名のidを複数定義してしまった場合にどのような動きとなるか ...

[JavaScript] 自然対数を求める(Math.log)

自然対数を求めるには、Math.log()を使用します。 構文 (a自然対数を求める) var x = Math.log ...

[JavaScript] カンマ区切り文字列→配列にする

カンマ区切り文字列から文字列配列に変換するサンプルです。 サンプルソース 例)文字列"aaa,bbb,ccc& ...

スポンサーリンク