JavaScript

[JavaScript] 偶数奇数を判定するFunction

投稿日:

偶数奇数を判定するFunctionサンプルです。

サンプルソース

例)偶数の場合はtrue、奇数の場合はfalseを返すFunction

実行サンプル

ボタンを押すと、テキストボックスに入力された値の偶数奇数を判定します。

 
 

偶数の場合はtrue、奇数の場合はfalseが表示されます。

解説

  • 数値のみが指定される前提の関数です。
  • 数値以外を指定すると以下のような結果となります。
    ・文字列 ⇒ false
    ・空文字 ⇒ true
    ・null ⇒ true

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] Base64形式の画像データをcanvasに表示する

Base64形式の画像データをcanvasに表示するサンプルです。 サンプルソース 例)Base64文字列をcanvas ...

[JavaScript] ブラウザ上の要素の表示/非表示を切替える(非表示時も詰まらない)

ブラウザ表示上の指定した箇所の表示/非表示を切り替えるサンプルです。 非表示時も表示領域は詰まりません。 要素の表示/非 ...

[JavaScript] undefinedとnullについて

undefinedと、nullについてまとめてみました。 どういった場合にundefinedやnullとなるか 変数を宣 ...

[JavaScript] オブジェクト(連想配列)の生成と読込みを行う

オブジェクト(連想配列)を生成するサンプルと、読込みを行うサンプルです。 オブジェクト(連想配列)の生成 例1)キーと値 ...

[JavaScript] チェックを消せるラジオボタン

クリックするとオン、オフができるラジオボタンのサンプルです。 サンプルソース 例)チェックオンのラジオボタンをクリックす ...

スポンサーリンク