JavaScript

[JavaScript] 偶数奇数を判定するFunction

投稿日:

偶数奇数を判定するFunctionサンプルです。

サンプルソース

例)偶数の場合はtrue、奇数の場合はfalseを返すFunction

実行サンプル

ボタンを押すと、テキストボックスに入力された値の偶数奇数を判定します。

 
 

偶数の場合はtrue、奇数の場合はfalseが表示されます。

解説

  • 数値のみが指定される前提の関数です。
  • 数値以外を指定すると以下のような結果となります。
    ・文字列 ⇒ false
    ・空文字 ⇒ true
    ・null ⇒ true

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 2つの数値の大小を比較する(Math.max/Math.min)

2つの数値の大小を比較してその値を取得するには、Math.max/Math.minを使用します。 数値が大きい方を返す( ...

[JavaScript] functionの引数に渡された引数の数を取得する(argument.length)

functionの引数に渡された引数の数を取得するには、argument.lengthの値を参照します。 サンプル fu ...

[JavaScript] canvasに四角形を描画する(strokeRect、fillRect)

canvasに四角形を描画するには、strokeRect、fillRectを使用します。 サンプルソース 例)canva ...

[JavaScript] HTMLタグに独自属性を設定する(dataset)

HTMLタグに独自の属性を設定したい場合は、datasetという仕組みを使用します。 カスタムデータ属性とも呼ばれます ...

[JavaScript] ブラウザにインストールされているプラグインの情報を取得する

ブラウザにインストールされているプラグインの情報を取得するには、navigator.pluginsを参照します。 サンプ ...

スポンサーリンク