JavaScript

[JavaScript] 消費税額を取得するFunction

投稿日:2016年12月6日 更新日:

引数に受け取った金額の消費税額を返すFunctionサンプルです。

サンプルソース

例)税率8%で計算。引数が数値以外の場合はnullを返す

実行サンプル

ボタンを押すと、テキストボックスに指定された値の消費税額を表示します。

円 
 

解説

  • 税率を10%にしたい場合は、RATEの値を0.1に変更してください。
  • 数値以外が指定された場合はnullが返ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] ページのURLとドメインを取得する

Javascriptを使って、ページのURLとドメインを取得するサンプルです。 サンプルソース 例)ページのURLとドメ ...

[JavaScript] 四捨五入、切り捨て、切り上げを行う

四捨五入、切り捨て、切り上げを行うサンプルです。 四捨五入を行う 四捨五入は、Math.roundを使用します。 [cr ...

[JavaScript] テキストボックスの初期値を取得する

テキストボックスなどの初期表示時に設定されていた値を取得するには、 defaultValueを使用します。 サンプルソー ...

[JavaScript] HTMLエスケープ処理をする

JavaScriptでHTMLエスケープ処理をするFunctionです。 サンプルソース 例)HTMLエスケープを行うF ...

[JavaScript] 都道府県選択セレクトボックスを生成する

都道府県選択セレクトボックスをJavaScriptで生成するサンプルです。 サンプルソース 例)onLoad時に都道府県 ...

スポンサーリンク