コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] 消費税額を取得するFunction

投稿日:2016年12月6日 更新日:

引数に受け取った金額の消費税額を返すFunctionサンプルです。

サンプルソース

例)税率8%で計算。引数が数値以外の場合はnullを返す

実行サンプル

ボタンを押すと、テキストボックスに指定された値の消費税額を表示します。

円 
 

解説

  • 税率を10%にしたい場合は、RATEの値を0.1に変更してください。
  • 数値以外が指定された場合はnullが返ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 2つの変数の値を入れ替える

2つの変数の値を入れ替える方法です。 仮の変数を1つ用意して、順番に値を代入すれば値を入れ替える事は可能ですが、 ECM ...

[JavaScript] チェックボックスにチェックを付ける

チェックボックスにチェックを付けるサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すとチェックボックスのオン/オフを切り替 ...

[JavaScript] 2つの数値の大小を比較する(Math.max/Math.min)

2つの数値の大小を比較してその値を取得するには、Math.max/Math.minを使用します。 数値が大きい方を返す( ...

[JavaScript] 配列→カンマ区切り文字列にする

文字列配列からカンマ区切り文字列に変換するサンプルです。 サンプルソース 例)文字列配列からカンマ区切り文字列に変換する ...

[JavaScript] コピー/切り取りを実装する

JavaScriptでコピー/切り取りを実装するサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すとテキストボックスの値を ...

スポンサーリンク