JavaScript

[JavaScript] 消費税額を取得するFunction

投稿日:2016年12月6日 更新日:

引数に受け取った金額の消費税額を返すFunctionサンプルです。

サンプルソース

例)税率8%で計算。引数が数値以外の場合はnullを返す

実行サンプル

ボタンを押すと、テキストボックスに指定された値の消費税額を表示します。

円 
 

解説

  • 税率を10%にしたい場合は、RATEの値を0.1に変更してください。
  • 数値以外が指定された場合はnullが返ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] Dateオブジェクトの日付前後チェックを行う

Dateオブジェクト同士の日付前後チェックサンプルです。 日付前後チェックは不等号記号で行えます。 サンプル 例)Dat ...

[JavaScript] 符号を反転させる

符号を反転させるには、マイナスを付ければOKです。 サンプルソース 例)変数aの符号を反転させて変数resultに格納す ...

[JavaScript] 配列の最後に要素を追加する(.push)

配列の最後に要素を追加するには、.push()を使用します。 サンプルソース 例)配列の末尾に要素を追加してコンソールに ...

[JavaScript] 配列の要素をクリアする

配列の要素をクリアするサンプル(2パターン)です。 サンプルソース 例1)配列の要素をクリアする(空の配列で上書きする) ...

[JavaScript] 郵便番号のハイフン編集を行うテキストボックス

フォーカスインするとハイフン無し郵便番号、 フォーカスアウトするとハイフン有り郵便番号にするテキストボックスサンプルです ...

スポンサーリンク