JavaScript

[JavaScript] 消費税額を取得するFunction

投稿日:2016年12月6日 更新日:

引数に受け取った金額の消費税額を返すFunctionサンプルです。

サンプルソース

例)税率8%で計算。引数が数値以外の場合はnullを返す

実行サンプル

ボタンを押すと、テキストボックスに指定された値の消費税額を表示します。

円 
 

解説

  • 税率を10%にしたい場合は、RATEの値を0.1に変更してください。
  • 数値以外が指定された場合はnullが返ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] セレクトボックスの選択を位置付ける

セレクトボックスの選択を位置付けるサンプルです。 インデックス番号で位置付ける方法と、value値で位置付ける方法の2種 ...

[JavaScript] 実装を厳格化する(use strict)

JavaScriptのコードの書き方は、変数宣言をしなくてもOKだったりと、わりと曖昧なコードの書き方が許されています。 ...

[JavaScript] ステータスバーにメッセージを表示する

ステータスバーにメッセージを表示するサンプルです。 サンプルソース 例)ステータスバーに「メッセージです。」と表示する ...

[JavaScript] name名からオブジェクトを取得する

タグに付けられたname名からオブジェクトを取得するには、 document.getElementsByNameを使用し ...

[JavaScript] 配列から条件に合致する値のみ取得する(.filter)

配列から条件に合致する値のみ取得するには、.filter()を使用します。 サンプルソース 例1)数値配列から値が5以上 ...

スポンサーリンク