JavaScript

[JavaScript] HTMLエスケープ処理をする

投稿日:2016年12月4日 更新日:

JavaScriptでHTMLエスケープ処理をするFunctionです。

サンプルソース

例)HTMLエスケープを行うFunctionのサンプル

実行サンプル

ボタンを押すと、入力された値をHTMLエスケープします。

 

解説

  • 「&、>、<、"、'、`」を全置換でエスケープ文字に変換しています。
  • 「&」の変換は必ず一番初めに行ってください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] セレクトボックスの選択中のインデックス番号を取得する

セレクトボックスの選択中のインデックス番号を取得するサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すと、セレクトボックス ...

[JavaScript] Date型⇒和暦で表示する

Date型の日付を、和暦の日付で表示するサンプルです。 サンプルソース 例)本日を和暦表示する [crayon-5ce5 ...

[JavaScript] 例外処理

例外処理のサンプルです。 例外処理の構文 例外処理の構文と書き方サンプルです。 (構文) try{  //例外が発生する ...

[JavaScript] オブジェクトのキーを全件取得する(for-in)

オブジェクトのキーを全件取得するには、for-in構文を使用します。 サンプル 例)オブジェクト(obj)のキーを全件表 ...

[JavaScript] テキストの指定した範囲を選択状態にする

テキストの指定した範囲を選択状態にするには、setSelectionRangeを使用します。 サンプルソース 例)開始位 ...

スポンサーリンク