JavaScript

[JavaScript] HTMLエスケープ処理をする

投稿日:2016年12月4日 更新日:

JavaScriptでHTMLエスケープ処理をするFunctionです。

サンプルソース

例)HTMLエスケープを行うFunctionのサンプル

実行サンプル

ボタンを押すと、入力された値をHTMLエスケープします。

 

解説

  • 「&、>、<、"、'、`」を全置換でエスケープ文字に変換しています。
  • 「&」の変換は必ず一番初めに行ってください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 値を厳密に比較する(===、!==) 厳密等価演算子

JavaScriptで値を比較する時、型も同じかどうかを比較するには「===」で比較します。 「===」は厳密等価演算子 ...

[JavaScript] 特殊な数値(NaNとInfinity)

JavaScriptの数値型には、1、2、3といった通常の数値以外に、 NaNとInfinityの2つの特殊な数値があり ...

[JavaScript] HTMLのDOCTYPEを取得する

HTMLのDOCTYPEを取得するには、document.doctypeを使用します。 サンプルソース 例)DOCTYP ...

[JavaScript] ブランクチェックを行う

指定された値がnullまたは空文字でないことをチェックする関数です。 コピペしてそのままお使い頂けます。 サンプル 例) ...

[JavaScript] 履歴を残しつつページを遷移する(location.assign)

履歴を残しつつページを遷移するには、location.assign を使用します。 サンプルソース 例)ボタンを押すと、 ...

スポンサーリンク