コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] HTMLエスケープ処理をする

投稿日:2016年12月4日 更新日:

JavaScriptでHTMLエスケープ処理をするFunctionです。

サンプルソース

例)HTMLエスケープを行うFunctionのサンプル

実行サンプル

ボタンを押すと、入力された値をHTMLエスケープします。

 

解説

  • 「&、>、<、"、'、`」を全置換でエスケープ文字に変換しています。
  • 「&」の変換は必ず一番初めに行ってください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 配列内の要素を範囲指定で取り出す

配列内の要素を範囲指定で取り出すには、sliceメソッドを使用すると簡単に取り出せます。 サンプルソース 例)配列内の要 ...

[JavaScript] ラジオボタンのvalue値を取得する

ラジオボタンのvalue値を取得するサンプルです。 サンプル 例)ボタンを押すとラジオボタンname='grp1'のva ...

[JavaScript] keydownイベントを取得する(onkeydown)

JavaScriptでkeydownイベントを取得するサンプルです。 サンプルソース 例1)テキストボックス上でキーを押 ...

[JavaScript] ブロックスコープを定義する

JavaScriptでブロックスコープを定義する方法です。 ECMAScript5以前の環境では即時関数を使用しますが、 ...

[JavaScript] フォーマットを指定して日付を表示する

JavaScriptには日付をフォーマット指定して表示する関数が無いので、日付オブジェクトから年月日時分秒を取り出して整 ...

スポンサーリンク