コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript オブジェクト関連

[JavaScript] クリックした位置にある要素の座標を取得する

投稿日:2017年10月2日 更新日:

クリックした位置にある要素の座標を取得するサンプルです。

サンプルソース

例)クリックした位置の座標をコンソールに出力する

実行サンプル

画面内をクリックすると、クリックした位置の座標とクリックした要素の座標が表示されます。

クリックした位置のX座標:
クリックした位置のY座標:
クリックした要素のX座標:
クリックした要素のY座標:

解説

  • スクロールしている状態でも、ページ左上からの座標が取得できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript, オブジェクト関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 指定した数値の中で一番大きな(小さな)数値を取得する

指定した数値のなかで一番大きい(小さい)数値を取得するサンプルです。 サンプルソース 数値は配列に格納されているものとし ...

[JavaScript] 画面の位置を移動する(moveTo、moveBy)

画面の位置を移動するにはmoveToまたはmoveByを使用します。 moveToとmoveByの違いは以下の通りです。 ...

[JavaScript] ファイルコントロールの値をクリアする

ファイルコントロールの値をクリアするには、value値にブランクをセットすればOKです。 サンプルソース 例)ボタンを押 ...

[JavaScript] 履歴を残さずページ遷移する(location.replace)

戻るボタンで戻れないようにして画面遷移するには、location.replaceを使用します。 サンプルソース 例)ボタ ...

[JavaScript] 子要素の件数を取得する(.childElementCount)

子要素の件数を取得するには、.childElementCountを使用します。 サンプルソース 例)リストの数を取得する ...

スポンサーリンク