JavaScript

[JavaScript] クリックした位置にある要素の座標を取得する

投稿日:2017年10月2日 更新日:

クリックした位置にある要素の座標を取得するサンプルです。

サンプルソース

例)クリックした位置の座標をコンソールに出力する

実行サンプル

画面内をクリックすると、クリックした位置の座標とクリックした要素の座標が表示されます。

クリックした位置のX座標:
クリックした位置のY座標:
クリックした要素のX座標:
クリックした要素のY座標:

解説

  • スクロールしている状態でも、ページ左上からの座標が取得できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] Dateオブジェクトの日付前後チェックを行う

Dateオブジェクト同士の日付前後チェックサンプルです。 日付前後チェックは不等号記号で行えます。 サンプル 例)Dat ...

[JavaScript] 配列を生成する

配列を生成するサンプルです。 配列を生成するサンプル 配列の生成方法には、以下3パターンがあります。 例)配列を生成する ...

[JavaScript] 文字列の一部分を選択状態にする

文字列の一部分を選択状態にするサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すと、テキストの3文字目~5文字目を選択状態 ...

[JavaScript] 画像を回転させる

JavaScriptを使用して画像を回転させるサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すと画像(sample.pn ...

[JavaScript] canvasタグに画像を読み込む

canvasタグに画像を読み込むサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すとcanvasに画像(inu.png)を ...

スポンサーリンク