コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

document関連 JavaScript

[JavaScript] 遷移元ページのURLを取得する

投稿日:2016年10月2日 更新日:

JavaScriptで遷移元ページのURLを取得するサンプルです。

サンプルソース

例)遷移元ページのURLを取得する

(結果)

※document.referrer で取得したURLを表示しています。

解説

  • URLを直接入力されて呼び出されたり、ブラウザのお気に入りから呼び出された場合はブランクとなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-document関連, JavaScript

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] ページの最下部へ移動するサンプル

ボタンを押すと、ページの最下部へ移動するサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すとページの最下部へ移動する [c ...

[JavaScript] 配列内の要素を検索する

配列内の要素を検索するには、indexOfを使用します。 存在する場合は存在したインデックス番号が返り、存在しない場合は ...

[JavaScript] 印刷ダイアログを開く

印刷ダイアログを表示するには、window.print()を使用します。 サンプルソース 例)ボタンを押すと、印刷ダイア ...

[JavaScript] コンファーム(confirm)を表示する

コンファームを表示するには、window.confirm()を使用します。 サンプルソース 例)コンファームを表示する ...

[JavaScript] オブジェクトのキーを全件取得する(for-in)

オブジェクトのキーを全件取得するには、for-in構文を使用します。 サンプル 例)オブジェクト(obj)のキーを全件表 ...

スポンサーリンク