コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] class名からオブジェクトを取得する

投稿日:2016年10月1日 更新日:

タグに付けられたclass名からオブジェクトを取得するには、 document.getElementsByClassNameを使用します。

サンプルソース

例)classが'abc'の要素を全て取得して要素数を表示する

(結果)
3

解説

  • document.getElementsByClassNameは指定したクラス名のオブジェクトを全て取得します。
  • 戻り値はNodeList型です。
  • 指定したクラス名のオブジェクトが1つも無い場合、戻り値は0件のNodeList型です。(nullではありません。)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] オブジェクト(連想配列)の配列の生成・更新・削除を行う

JavaScriptでオブジェクト(連想配列)の配列に関するサンプルです。 オブジェクト(連想配列)の配列を生成 まず、 ...

[JavaScript] 値の変更イベントを取得する(onChange)

値の変更イベントを取得するには、onchangeイベントハンドラを使用します。 サンプルソース 例)値が変わるとアラート ...

[JavaScript] ブラウザ上の要素の表示/非表示を切替える(非表示時も詰まらない)

ブラウザ表示上の指定した箇所の表示/非表示を切り替えるサンプルです。 非表示時も表示領域は詰まりません。 要素の表示/非 ...

[JavaScript] name名からオブジェクトを取得する

タグに付けられたname名からオブジェクトを取得するには、 document.getElementsByNameを使用し ...

[JavaScript] セレクトボックスの選択を位置付ける

セレクトボックスの選択を位置付けるサンプルです。 インデックス番号で位置付ける方法と、value値で位置付ける方法の2種 ...

スポンサーリンク