コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript サンプルソース フォーム関連

[JavaScript] セレクトボックス値を動的に生成する

投稿日:2016年10月18日 更新日:

連想配列オブジェクトの値から、セレクトボックスの要素を動的に生成するサンプルです。

サンプルソース

例)連想配列arrの値でセレクトボックス値を動的に生成する

実行サンプル

ボタンを押すと、セレクトボックスを動的に生成します。

 
※ボタンを押す前は要素はありませんが、押した後は要素が生成されます。

解説

  • HTML要素はdocument.createElementで作ることができます。
  • 作った要素を子要素としてHTMLに追加するには、appendChildで追加できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript, サンプルソース, フォーム関連
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 日付文字列(YYYYMMDD)から年度を求める

日付文字列(YYYYMMDD)から年度を求めるサンプルです。 サンプルソース 例)引数に日付文字列(YYYYMMDD)を ...

[JavaScript] 一定時間後に処理を実行する

一定時間後に処理を実行するには、setTimeoutを使用します。 サンプル 例)5秒後に処理を実行する [crayon ...

[JavaScript] 文字色と背景色を変更する

JavaScriptで文字色と背景色を変更するサンプルです。 サンプルソース 例)id="target"要素の文字色を白 ...

[JavaScript] canvasタグに画像を読み込む

canvasタグに画像を読み込むサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すとcanvasに画像(inu.png)を ...

[JavaScript] テキストボックスのmaxlength値を取得する

テキストボックスのmaxlength値を取得するには、maxLengthを使用します。 (※HTML5以降であれば、テキ ...

スポンサーリンク