JavaScript

[JavaScript] 配列の値を全件取得する(forEach、for-of)

投稿日:2016年12月14日 更新日:

配列の値を全件取得するには、forEachまたは、for-of構文を使用します。

※ for-of構文はECMAScript6以降から使用可能です。

配列の値を全件取得する(forEach構文)

例)配列(arr)の値を全件表示する

(結果)
東京 大阪 名古屋

解説

  • オブジェクトには使えません。
  • forEachの「E」は、大文字で指定する必要があります。
  • forEachの引数にはコールバック関数を指定します。この関数の中で行いたい処理を記述します。

配列の値を全件取得する(for-of構文)

例)配列(arr)の値を全件表示する

(結果)
東京 大阪 名古屋

解説

  • オブジェクトには使えません。
  • for-of構文は、ECMAScript6以降で使用可能です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] CSSセレクタ指定で要素を取得する(.querySelector/.querySelectorAll)

CSSセレクタ指定で要素を取得するには、.querySelector()/.querySelectorAll()を使用し ...

[JavaScript] 配列の要素をランダムで取得する

配列の要素をランダムで取得するサンプルです。 サンプルソース 例)引数に受け取った配列の要素をランダムに返すFuncti ...

[JavaScript] テキストボックスのmaxlength値を取得する

テキストボックスのmaxlength値を取得するには、maxLengthを使用します。 (※HTML5以降であれば、テキ ...

[JavaScript] 適用するCSSファイルを動的に変更する

CSSファイルを動的に変更するサンプルです。 サンプルソース 例)適用するCSSファイルを「sample1.css」から ...

[JavaScript] Functionの引数を番号で参照する

Functionの引数を番号で参照するサンプルです。 通常引数の値を使う時は、引数に定義した名称を使用しますが、引数の何 ...

スポンサーリンク