コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] テキストボックスのmaxlength値を取得する

投稿日:2016年11月29日 更新日:

テキストボックスのmaxlength値を取得するには、maxLengthを使用します。

(※HTML5以降であれば、テキストエリアでも使用可能です。)

サンプルソース

例)テキストボックス(id='txt1')のmaxlength値を取得する

解説

  • maxLengthの大文字小文字はこの通り指定する必要があります。
     例)maxlengthだとダメ
  • HTML5以降の環境ならテキストエリアからも取得できます。
  • maxlengthが未指定の場合は、-1が返ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] keydownイベントを取得する(onkeydown)

JavaScriptでkeydownイベントを取得するサンプルです。 サンプルソース 例1)テキストボックス上でキーを押 ...

[JavaScript] 選択されたセレクトボックスのラベルを取得する

選択されたセレクトボックスのラベル(表示されているテキスト)を取得するサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すと ...

[JavaScript] keypressイベントを取得する(onKeyPress)

keypressイベントを取得するサンプルです。 サンプルソース 例1)テキストボックスでキーを押すとキーコードが表示さ ...

[JavaScript] Date型⇒和暦で表示する

Date型の日付を、和暦の日付で表示するサンプルです。 サンプルソース 例)本日を和暦表示する [crayon-5b2f ...

[JavaScript] エラー発生時のイベントを取得する(onError)

エラー発生時のイベントを取得するには、onerrorイベントハンドラを使用します。 サンプルソース 例)画像が読み込めな ...

スポンサーリンク