JavaScript

[JavaScript] sleep処理を行う

投稿日:2017年4月15日 更新日:

JavaScriptには標準でsleep関数が無いので、sleep処理を行いたい場合は自作する必要があります。

サンプルソース

例)JavaScriptでsleep処理を行うFunction

以下、呼び出し方の例です。

実行サンプル

↓ボタンを押すと、3000ミリ秒(3秒)間スリープした後にアラートを表示します。

解説

  • 当サンプルは同期スリープなので、スリープ中は何も処理できなくなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 配列の先頭の要素を取り出す(.shift)

配列の先頭の要素を取り出すには、.shift()を使用します。 サンプルソース 例)配列から先頭の要素を取り出してコンソ ...

[JavaScript] HTMLタグに独自属性を設定する(dataset)

HTMLタグに独自の属性を設定したい場合は、datasetという仕組みを使用します。 カスタムデータ属性とも呼ばれます ...

[JavaScript] 特定のキー入力をさせない

JavaScriptで特定のキー入力をさせなくするサンプルです。 サンプルソース 例)Bキーの入力を無効にする [cra ...

[JavaScript] 10進数のRGB表記で色を指定する

10進数のRGB表記で色を指定するサンプルです。 サンプルソース 例)要素「id="d1"」の背景色を黄色にする [cr ...

[JavaScript] オブジェクト(連想配列)の要素数を取得する

オブジェクト(連想配列)の要素数を取得するサンプルです。 オブジェクト(連想配列)の要素数を取得する オブジェクト(連想 ...

スポンサーリンク