コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] sleep処理を行う

投稿日:2017年4月15日 更新日:

JavaScriptには標準でsleep関数が無いので、sleep処理を行いたい場合は自作する必要があります。

サンプルソース

例)JavaScriptでsleep処理を行うFunction

以下、呼び出し方の例です。

実行サンプル

↓ボタンを押すと、3000ミリ秒(3秒)間スリープした後にアラートを表示します。

解説

  • 当サンプルは同期スリープなので、スリープ中は何も処理できなくなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 2つの数値の大小を比較する(Math.max/Math.min)

2つの数値の大小を比較してその値を取得するには、Math.max/Math.minを使用します。 数値が大きい方を返す( ...

[JavaScript] 配列の要素をシャッフルする

配列の要素をシャッフルするサンプルです。 サンプルソース 例)引数に受け取った配列をシャッフルするFunction [c ...

[JavaScript] cookieが有効かどうか調べる

JavaScriptでcookieが有効かどうか判定するには、 navigator.cookieEnabledを使用しま ...

[JavaScript] ページを離れる時に警告を表示する(onBeforeUnload)

ページを離れる時に警告を表示するには、onBeforeUnloadを使用します。 「ページを離れる」には、画面遷移、Su ...

[JavaScript] チェックを消せるラジオボタン

クリックするとオン、オフができるラジオボタンのサンプルです。 サンプルソース 例)チェックオンのラジオボタンをクリックす ...

スポンサーリンク