コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] イベント処理を中断する(.preventDefault)

投稿日:2017年7月21日 更新日:

イベント処理を中断するには、.preventDefault()を使用します。

サンプルソース

例)テキストボックスでbキーが押された場合は無効とする

解説

  • preventDefaultを使うとイベントをキャンセルすることができます。
    (キャンセルできないイベントもあります。)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 新規に開いた画面にSubmitする

新規に開いた画面にSubmitするサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すと 1000×500px の画面を開き ...

[JavaScript] オブジェクト(連想配列)の要素を削除する

オブジェクト(連想配列)の要素を削除するには deleteを使用します。 オブジェクト(連想配列)の要素を削除する 例) ...

[JavaScript] CSSセレクタ指定で要素を取得する(.querySelector/.querySelectorAll)

CSSセレクタ指定で要素を取得するには、.querySelector()/.querySelectorAll()を使用し ...

[JavaScript] 無名関数を使用する

無名関数とは、読んで字のごとくでFunction名が定義されていない関数です。 無名関数は関数リテラルを定義する場合や、 ...

[JavaScript] ページを離れる時に警告を表示する(onBeforeUnload)

ページを離れる時に警告を表示するには、onBeforeUnloadを使用します。 「ページを離れる」には、画面遷移、Su ...

スポンサーリンク