JavaScript

[JavaScript] 値の変更イベントを取得する(onChange)

投稿日:2016年10月9日 更新日:

値の変更イベントを取得するには、onchangeイベントハンドラを使用します。

サンプルソース

例)値が変わるとアラートを表示する

実行サンプル

【テキストボックス】
↓値が変更されるとフォーカスが外れた時点でイベントが発生します。
【セレクトボックス】
↓選択した内容が変わった時点でイベントが発生します。
【チェックボックス】
↓クリックして表示が変わる直前でイベントが発生します。

解説

  • value値が存在しないタグには、onchangeは設定できません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] コンソールで処理時間を計測する(console.time、console.timeEnd)

コンソールで処理時間を計測するには、console.time~console.timeEndを使用します。 サンプルソー ...

[JavaScript] ブラウザの新規タブにopen.windowする

ブラウザの新規タブにopen.windowするには、 オプションを指定せずにopen.windowすればOKです。 サン ...

[JavaScript] 数値をカンマ区切り文字列にする

数値をカンマ区切り文字列にするサンプルです。 数値をカンマ区切り文字列にするサンプル集 例1)1234567をカンマ区切 ...

[JavaScript] 画像の元サイズを取得する(.naturalWidth/.naturalHeight)

imgタグに縮小/拡大表示された画像の元サイズを取得するには、.naturalWidth/.naturalHeightを ...

[JavaScript] 初期チェック状態を取得する(.defaultChecked)

チェックボックス等の初期チェック状態を取得するには、.defaultCheckedを使います。 サンプルソース 例)ボタ ...

スポンサーリンク