JavaScript

[JavaScript] functionの引数に渡された引数の数を取得する(argument.length)

投稿日:

functionの引数に渡された引数の数を取得するには、argument.lengthの値を参照します。

サンプル

function「test」を以下のように呼び出すと

function「test」では引数に渡された数を以下のように取得できます。

(結果)
2

解説

  • 引数の値がundefinedでない数をカウントしてもOKですが、引数に渡された値の数のみ取得したい場合はargument.lengthが便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] pxやemなどの単位を除去する

style.widthなどで値を取得すると、"120px"のような単位付きの値が取得されます。 この単位を取るには、pa ...

[JavaScript] 数値を文字列に変換する時最もパフォーマンスが良い方法

数値を文字列に変換するには、以下3種類がありますが どれが最もパフォーマンスがよいか調べてみました。 [crayon-5 ...

[JavaScript] 例外処理

例外処理のサンプルです。 例外処理の構文 例外処理の構文と書き方サンプルです。 (構文) try{  //例外が発生する ...

[JavaScript] パスワード用にランダムな文字列を生成する

ランダムな文字列を作成するサンプルです。 サンプルソース 例)半角英数字と一部記号からランダムな8桁文字列を生成する [ ...

[JavaScript] 文字列をエスケープする(escape)

文字列をエスケープするには、escapeを使用します。 サンプルソース 例)文字列「みかん」をエスケープする [cray ...

スポンサーリンク