JavaScript

[JavaScript] functionの引数に渡された引数の数を取得する(argument.length)

投稿日:

functionの引数に渡された引数の数を取得するには、argument.lengthの値を参照します。

サンプル

function「test」を以下のように呼び出すと

function「test」では引数に渡された数を以下のように取得できます。

(結果)
2

解説

  • 引数の値がundefinedでない数をカウントしてもOKですが、引数に渡された値の数のみ取得したい場合はargument.lengthが便利です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] class名からオブジェクトを取得する

タグに付けられたclass名からオブジェクトを取得するには、 document.getElementsByClassNa ...

[JavaScript] 文字列中に指定した文字が出現する回数を取得する

文字列中に指定した文字が出現する回数を取得するサンプルです。 サンプル 例)引数に、文字列と指定文字を指定すると指定文字 ...

[JavaScript] 即時関数を使用する

即時関数は、関数の定義と実行を同時に行う関数です。 構文 即時関数の構文です。 即時関数は通常の関数と同様に、引数を受け ...

[JavaScript] テキストの指定した範囲を選択状態にする

テキストの指定した範囲を選択状態にするには、setSelectionRangeを使用します。 サンプルソース 例)開始位 ...

[JavaScript] 値を厳密に比較する(===、!==) 厳密等価演算子

JavaScriptで値を比較する時、型も同じかどうかを比較するには「===」で比較します。 「===」は厳密等価演算子 ...

スポンサーリンク