JavaScript

[JavaScript] 履歴を残さずページ遷移する(location.replace)

投稿日:2017年11月15日 更新日:

戻るボタンで戻れないようにして画面遷移するには、location.replaceを使用します。

サンプルソース

例)ボタンを押すとページのURLを"https://www.yahoo.co.jp"に変更する

解説

  • 似たようなメソッドに、location.hrefがあります。
  • location.hrefとの違いは、hrefの場合は戻るボタンで戻る事ができますが、replaceの場合は戻る事ができません。
  • location.hrefについては以下ページをご覧ください。
    [JavaScript] URLを指定して画面遷移を行う

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] class名からオブジェクトを取得する

タグに付けられたclass名からオブジェクトを取得するには、 document.getElementsByClassNa ...

[JavaScript] 配列の最後に要素を追加する(.push)

配列の最後に要素を追加するには、.push()を使用します。 サンプルソース 例)配列の末尾に要素を追加してコンソールに ...

[JavaScript] 配列に指定した値が存在するかどうかチェックする(.some)

配列に指定した値が存在するかどうかチェックするサンプルです。 サンプルソース 例1)数値の配列中に20または30が存在す ...

[JavaScript] 文字を斜体にする

JavaScriptで文字を斜体にするには、style.fontStyleを使用します。 サンプルソース 例)ボタンを押 ...

[JavaScript] 要素の全プロパティをコンソールに出力する(console.dir)

要素の全プロパティをコンソールに出力するには、console.dirを使用します。 サンプルソース 例)要素(id="t ...

スポンサーリンク