コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] URLを指定して画面遷移を行う

投稿日:2016年10月1日 更新日:

javascriptでURLを指定して画面遷移を行うサンプルです。

サンプルソース

例)Yahooサイトへ画面遷移する

解説

  • window. の部分は省略可能です。
    (例)window.location.href(); → location.href();

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] コピー&ペーストを禁止する(onCopy, onPaste)

ページの文字コピーを禁止するサンプルと、 ページへのペースト(貼付け)を禁止するサンプルです。 ページのコピーを禁止にす ...

[JavaScript] 配列の要素をクリアする

配列の要素をクリアするサンプル(2パターン)です。 サンプルソース 例1)配列の要素をクリアする(空の配列で上書きする) ...

[JavaScript] cookieから値を取得する

cookieから値を取得するサンプルです。 cookieから値を取得するサンプル cookieから値を取得するには、例1 ...

[JavaScript] 消費税の税抜額を取得する

引数に受け取った金額の税抜き額を返すFunctionサンプルです。 サンプルソース 例)税率8%で計算。引数が数値以外の ...

[JavaScript] 正規表現で文字チェックを行う

正規表現を使って文字チェックを行うサンプルです。 サンプルソース 例)正規表現パターンと一致判定を行う [crayon- ...

スポンサーリンク