JavaScript

[JavaScript] テキストボックスにフォーカスを当てた時に全選択状態にする

投稿日:2016年10月8日 更新日:

テキストボックスにフォーカスを当てた時に全選択状態にするには、select()を使用します。

サンプル

例)フォーカスを当てると値が選択状態になる

実行サンプル

以下で動作確認できます。

↓ここにフォーカスが当たると値が全選択された状態となります


↓参考までに、こちらはselect()を設定していない通常のテキストボックスです。

解説

  • テキストエリア(textarea)でも、同様に全選択を行えます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


  1. 小林史郎 より:

    edgeだと全選択されないのですが、原因は分かりますか?
    Windows10Pro
    Edge42.17134.1.0
    です。

  2. 小林史郎 より:

    早速に対応していただき、ありがとうございます。
    とても助かります。
    お礼が遅くなりすみません。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 配列の要素数を取得する

配列の要素数を取得するサンプルです。 配列の要素数を取得する 例)配列arrの要素数を取得する [crayon-5c11 ...

[JavaScript] ページを離れる時に警告を表示する(onBeforeUnload)

ページを離れる時に警告を表示するには、onBeforeUnloadを使用します。 「ページを離れる」には、画面遷移、Su ...

[JavaScript] 時間のコロン編集を行うテキストボックス

フォーカスインすると「HHmm」形式、フォーカスアウトすると「HH:mm」形式にするテキストボックスサンプルです。 時間 ...

[JavaScript] 数値チェックを行う

指定された値が数値かどうかをチェックするサンプルFunctionです。 サンプルソース 例1)値が数値かどうかチェックす ...

[JavaScript] 文字列の指定位置に文字を挿入・削除する

文字列の指定位置に文字を挿入・削除するサンプルFunctionです。 文字列の指定位置に文字を挿入する 例)文字を挿入す ...

スポンサーリンク