JavaScript

[JavaScript] テキストボックスにフォーカスを当てた時に全選択状態にする

投稿日:2016年10月8日 更新日:

テキストボックスにフォーカスを当てた時に全選択状態にするには、select()を使用します。

サンプル

例)フォーカスを当てると値が選択状態になる

実行サンプル

以下で動作確認できます。

↓ここにフォーカスが当たると値が全選択された状態となります


↓参考までに、こちらはselect()を設定していない通常のテキストボックスです。

解説

  • テキストエリア(textarea)でも、同様に全選択を行えます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


  1. 小林史郎 より:

    edgeだと全選択されないのですが、原因は分かりますか?
    Windows10Pro
    Edge42.17134.1.0
    です。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 配列から要素を削除する

配列から要素を削除するサンプルです。 配列の全要素を削除する 配列の全要素を削除するには、ブランクで更新します。 [cr ...

[JavaScript] 数値が非数かどうかチェックを行う(isNaN)

数値が非数(NaN値)かどうかチェックをするには、isNaN()関数を使用します。 サンプル 例)isNaN関数の結果例 ...

[JavaScript] Function引数にデフォルト値を設定する

Function引数にデフォルト値を設定するサンプルです。 ※ECMAScript6対応ブラウザで使用できます。 サンプ ...

[JavaScript] 2つの変数の値を入れ替える

2つの変数の値を入れ替える方法です。 仮の変数を1つ用意して、順番に値を代入すれば値を入れ替える事は可能ですが、 ECM ...

[JavaScript] マウスポインタが触れた/離れたイベントを取得する(onMouseOver, onMouseOut)

オブジェクトにマウスポインタが触れたイベントを取得するにはonmouseover、 マウスポインタが離れたイベントを取得 ...

スポンサーリンク