コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] テキストボックスにフォーカスを当てた時に全選択状態にする

投稿日:2016年10月8日 更新日:

テキストボックスにフォーカスを当てた時に全選択状態にするには、select()を使用します。

サンプル

例)フォーカスを当てると値が選択状態になる

実行サンプル

以下で動作確認できます。

↓ここにフォーカスが当たると値が全選択された状態となります


↓参考までに、こちらはselect()を設定していない通常のテキストボックスです。

解説

  • テキストエリア(textarea)でも、同様に全選択を行えます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] imgタグの画像をBase64形式に変換する

imgタグの画像をBase64形式に変換するサンプルです。 サンプルソース 例)canvasのデータをjpeg形式として ...

[JavaScript] ブラウザ上の要素の表示/非表示を切替える(非表示時は詰まる)

ブラウザ表示上の指定した箇所の表示/非表示を切り替えるサンプルです。 非表示時は表示領域が詰まって表示されます。 サンプ ...

[JavaScript] チェックボックスのチェック状態を取得する

チェックボックスのチェック状態を取得するサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すとチェックボックスの状態をアラー ...

[JavaScript] HTMLタグの属性値を取得する(getAttribute)

HTMLタグの属性値を取得するには、getAttributeを使用します。 HTMLタグの属性値を取得する 例)id=" ...

[JavaScript] 一番初めにゼロでない数値を返す

複数の値で、一番初めにゼロでない値を返す書き方です。 サンプルソース 例)複数の値で一番初めにゼロでない値を返す書き方の ...

スポンサーリンク