コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] 配列から要素を取得する

投稿日:2016年10月4日 更新日:

配列から要素を取得するサンプルです。

指定したインデックスの要素を取得する

要素を取得するには、配列番号で取得します。

例)配列の2番目の要素を取得する

(結果)
str → "bbb"

指定した範囲の要素を取得する

指定した範囲の要素を取得するには、sliceを使用します。

例)インデックス1以上3未満の要素を取得する

(結果)
newArr → "bbb", "ccc"

※第1引数のインデックス以上 第2引数のインデックス未満の範囲を取得します。

解説

  • 値を取得するときに、存在しない配列番号を指定するとエラーになります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] メッセージIDでメッセージを管理する

メッセージIDを定義して、定義したIDでメッセージを管理するサンプルです。 サンプルソース 例)メッセージの定義と呼び出 ...

[JavaScript] ブラウザにインストールされているプラグインの情報を取得する

ブラウザにインストールされているプラグインの情報を取得するには、navigator.pluginsを参照します。 サンプ ...

[JavaScript] 一定時間ごとに処理を実行する

一定時間ごとに処理を実行するサンプルです。 サンプル 例)1秒毎に現在時刻を表示する [crayon-5b068cabd ...

[JavaScript] セレクトボックスの選択を位置付ける

セレクトボックスの選択を位置付けるサンプルです。 インデックス番号で位置付ける方法と、value値で位置付ける方法の2種 ...

[JavaScript] 配列内の要素を検索する

配列内の要素を検索するには、indexOfを使用します。 存在する場合は存在したインデックス番号が返り、存在しない場合は ...

スポンサーリンク