JavaScript

[JavaScript] 選択されている文字列を取得する(.getSelection())

投稿日:

選択されている文字列を取得するには、document.getSelection()を使用します。

サンプルソース

例)ボタンを押すと、選択している文字列をalert表示する

実行サンプル

文字列を選択した後にボタンを押すと、選択した文字列が黄色い箇所に表示されます。

 

解説

  • テキストボックス内の文字だけでなく、ページ内に表示された文字であれば選択した文字列を取得できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 符号を反転させる

符号を反転させるには、マイナスを付ければOKです。 サンプルソース 例)変数aの符号を反転させて変数resultに格納す ...

[JavaScript] 現在日付をYYYY/MM/DD形式の文字列で取得する

現在日付をYYYY/MM/DD形式の文字列で取得するサンプルFunctionです。 サンプル 例)現在日付をYYYY/M ...

[JavaScript] 配列内の要素を範囲指定で取り出す

配列内の要素を範囲指定で取り出すには、sliceメソッドを使用すると簡単に取り出せます。 サンプルソース 例)配列内の要 ...

[JavaScript] 指定したページ数分履歴を移動する(history.go)

指定したページ数分履歴を移動するには、history.go()を使用します。 サンプルソース 例)指定したページ数分履歴 ...

[JavaScript] 日付スラッシュ編集を行うテキストボックス

フォーカスインすると「YYYYMMDD」形式、フォーカスアウトすると「YYYY/MM/DD」形式にするテキストボックスサ ...

スポンサーリンク