JavaScript

[JavaScript] 選択されている文字列を取得する(.getSelection())

投稿日:

選択されている文字列を取得するには、document.getSelection()を使用します。

サンプルソース

例)ボタンを押すと、選択している文字列をalert表示する

実行サンプル

文字列を選択した後にボタンを押すと、選択した文字列が黄色い箇所に表示されます。

 

解説

  • テキストボックス内の文字だけでなく、ページ内に表示された文字であれば選択した文字列を取得できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 数値文字列を数値型に変換する

数値文字列を数値型に変換するサンプルです。 サンプル 例)数値文字列を数値型に変換する [crayon-5d323274 ...

[JavaScript] Math関数の定数

Math関数に定義されている定数の一覧です。 Math関数の定数 定数メモ Math.E自然対数の底(≒2.718) M ...

[JavaScript] functionの引数に渡された引数の数を取得する(argument.length)

functionの引数に渡された引数の数を取得するには、argument.lengthの値を参照します。 サンプル fu ...

[JavaScript] ページの横幅、高さ、スクロール量を取得する

ページの横幅、高さ、スクロール量を取得する書き方いろいろです。 サンプルソース ・ドキュメント系のサイズ [crayon ...

[JavaScript] 文字列の一部分を選択状態にする

文字列の一部分を選択状態にするサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すと、テキストの3文字目~5文字目を選択状態 ...

スポンサーリンク