JavaScript

[JavaScript] 選択されている文字列を取得する(.getSelection())

投稿日:

選択されている文字列を取得するには、document.getSelection()を使用します。

サンプルソース

例)ボタンを押すと、選択している文字列をalert表示する

実行サンプル

文字列を選択した後にボタンを押すと、選択した文字列が黄色い箇所に表示されます。

 

解説

  • テキストボックス内の文字だけでなく、ページ内に表示された文字であれば選択した文字列を取得できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] sleep処理を行う

JavaScriptには標準でsleep関数が無いので、sleep処理を行いたい場合は自作する必要があります。 サンプル ...

[JavaScript] 例外処理

例外処理のサンプルです。 例外処理の構文 例外処理の構文と書き方サンプルです。 (構文) try{  //例外が発生する ...

[JavaScript] 特殊な数値(NaNとInfinity)

JavaScriptの数値型には、1、2、3といった通常の数値以外に、 NaNとInfinityの2つの特殊な数値があり ...

[JavaScript] 実装を厳格化する(use strict)

JavaScriptのコードの書き方は、変数宣言をしなくてもOKだったりと、わりと曖昧なコードの書き方が許されています。 ...

[JavaScript] セレクトボックスの選択中のインデックス番号を取得する

セレクトボックスの選択中のインデックス番号を取得するサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すと、セレクトボックス ...

スポンサーリンク