JavaScript

[JavaScript] 絶対指定でページをスクロールする(window.scrollTo)

投稿日:2016年11月8日 更新日:

JavaScriptで指定位置までページを移動させるには、window.scrollToを使用します。

構文

(window.scrollTo 構文)
window.scrollTo(<X方向への絶対座標>, <Y方向への絶対座標>)

サンプルソース

例)1000pxの位置までスクロールする

実行サンプル

ボタンを押すと、x=0px, y=1000pxの位置にスクロールします。

解説

  • 第1引数にはx座標、第2引数にはy座標を指定します。
  • 縦スクロールのみ行いたい場合は、第1引数には0を指定すればOKです。
  • window.scroll()でも同じ動きをします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] フォーマットを指定して日付を表示する

JavaScriptには日付をフォーマット指定して表示する関数が無いので、日付オブジェクトから年月日時分秒を取り出して整 ...

[JavaScript] ページロード完了時のイベントを取得する(onLoad)

ページロード完了時のイベントを取得するには、onloadを使用します。 window.onloadを使うパターンと、bo ...

[JavaScript] 選択されたセレクトボックスのラベルを取得する

選択されたセレクトボックスのラベル(表示されているテキスト)を取得するサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すと ...

[JavaScript] 演算子のまとめ

JavaScriptの演算子をまとめました。 ど忘れした時にどうぞ(;'∀') 算術演算子 演算子意味例 +加算2 + ...

[JavaScript] 2つの変数の値を入れ替える

2つの変数の値を入れ替える方法です。 仮の変数を1つ用意して、順番に値を代入すれば値を入れ替える事は可能ですが、 ECM ...

スポンサーリンク