JavaScript

[JavaScript] 絶対指定でページをスクロールする(window.scrollTo)

投稿日:2016年11月8日 更新日:

JavaScriptで指定位置までページを移動させるには、window.scrollToを使用します。

構文

(window.scrollTo 構文)
window.scrollTo(<X方向への絶対座標>, <Y方向への絶対座標>)

サンプルソース

例)1000pxの位置までスクロールする

実行サンプル

ボタンを押すと、x=0px, y=1000pxの位置にスクロールします。

解説

  • 第1引数にはx座標、第2引数にはy座標を指定します。
  • 縦スクロールのみ行いたい場合は、第1引数には0を指定すればOKです。
  • window.scroll()でも同じ動きをします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 符号を反転させる

符号を反転させるには、マイナスを付ければOKです。 サンプルソース 例)変数aの符号を反転させて変数resultに格納す ...

[JavaScript] 文字列がHHmm形式の時間文字列であるかどうかチェックする

文字列がHHmm形式の時間文字列であるかどうかチェックするサンプルFunctionです。 サンプル 例)引数に受取った値 ...

[JavaScript] セレクトボックスを未選択状態にする

セレクトボックスを未選択状態にするには、selectedIndexに -1 をセットすればOKです。 サンプルソース 例 ...

[JavaScript] 2つの日付の差を日数で求める

2つの日付の差を日数で求めるサンプルです。 サンプル 例)2016年1月1日~2016年6月30日の日数を求める [cr ...

[JavaScript] オブジェクト(連想配列)の要素数を取得する

オブジェクト(連想配列)の要素数を取得するサンプルです。 オブジェクト(連想配列)の要素数を取得する オブジェクト(連想 ...

スポンサーリンク