コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] スタイルをCSS表記で設定する(style.cssText)

投稿日:2016年11月7日 更新日:

CSS表記のままJavaScriptでスタイルを指定したい場合は、style.cssTextを使用します。

サンプルソース

例)id="target"の要素にCSS表記でスタイルを指定する

実行サンプル

ボタンを押すと、「background-color:yellow;font-weight:bold;」が適用されます。

あいうえお

解説

  • styleをクリアしたい場合は、以下の様に空文字を指定すればOKです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] メッセージIDでメッセージを管理する

メッセージIDを定義して、定義したIDでメッセージを管理するサンプルです。 サンプルソース 例)メッセージの定義と呼び出 ...

[JavaScript] 連動するセレクトボックス

連動するセレクトボックスのサンプルです。 サンプルソース 例)都府県を選択すると、市区の選択肢が変わるセレクトボックス ...

[JavaScript] ブランクチェックを行う

指定された値がnullまたは空文字でないことをチェックする関数です。 コピペしてそのままお使い頂けます。 サンプル 例) ...

[JavaScript] コンソールに出力した回数をカウントする(console.count)

コンソールに文字列とともに出力した回数を出力するには、console.countを使用します。 サンプルソース 例)co ...

[JavaScript] コンソールにオブジェクトの中身をテーブル形式で出力する(console.table)

コンソールにオブジェクトの中身をテーブル形式で出力するには、console.tableを使用します。 サンプルソース 例 ...

スポンサーリンク