JavaScript

[JavaScript] Dateオブジェクトの日付前後チェックを行う

投稿日:2016年10月3日 更新日:

Dateオブジェクト同士の日付前後チェックサンプルです。
日付前後チェックは不等号記号で行えます。

サンプル

例)Dateオブジェクトの日付前後チェックを行う

(結果)
"dt1とdt2は、dt2の方が未来日付です"

解説

  • 年月日時分秒ミリ秒まで考慮して比較します。
  • new Date()等で日付オブジェクトを生成した場合はミリ秒まで時刻がセットされているためご注意ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 文字列を指定した桁数でゼロ埋めする

文字列を指定した桁数でゼロ埋めするサンプルです。 サンプル 例)文字列が10桁になるようにゼロ埋め処理を行う [cray ...

[JavaScript] Base64形式の画像データをcanvasに表示する

Base64形式の画像データをcanvasに表示するサンプルです。 サンプルソース 例)Base64文字列をcanvas ...

[JavaScript] input type="date"タグが使えるかどうか判定する

HTML5から導入された「input type="date"」タグが使えるかどうか判定するFunctionです。 サンプ ...

[JavaScript] リアルタイムに入力文字数を表示する

リアルタイムに入力文字数を表示するサンプルです。 サンプルソース 例)リアルタイムに入力文字数を表示する [crayon ...

[JavaScript] URLのパラメータを取得する

JavaScriptでURLのパラメータを取得するには、 window.location.searchを使用します。 U ...

スポンサーリンク