JavaScript

[JavaScript] 指定した期間内でランダムな日付を返すFunction

投稿日:

指定した期間内でランダムな日付を返すFunctionです。

例えば「2020/01/01~2020/12/31」を指定した場合は、この期間内のランダムな1日がYYYY/MM/DD形式の文字列で返します。

サンプルソース

例)指定した期間内でランダムな日付を返すFunction

(結果例)
getRandomYmd('2020/01/01', '2020/12/31') ⇒ '2020/01/12'

解説

  • 引数に開始日と終了日をYYYY/MM/DD形式の文字列で渡してください。
  • 戻り値はYYYY/MM/DD形式の日付文字列です。
  • 渡された値の日付文字列チェックは行っていません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] テーブルの行数、列数を取得する

テーブルの行数、列数を取得するにはrows.length、cells.lengthを使用します。 サンプル 例)id=& ...

[JavaScript] ページのスクロール量を取得する(pageXOffset、pageYOffset)

ページのスクロール量を取得するには、 pageXOffset、pageYOffset を使用します。 サンプルソース 例 ...

[JavaScript] オブジェクト(連想配列)の要素数を取得する

オブジェクト(連想配列)の要素数を取得するサンプルです。 オブジェクト(連想配列)の要素数を取得する オブジェクト(連想 ...

[JavaScript] フォーカスが当たっている要素オブジェクトを取得する(.activeElement)

フォーカスが当たっている要素オブジェクトを取得するには、.activeElementを使用します。 サンプルソース 例) ...

[JavaScript] セレクトボックスの選択を位置付ける

セレクトボックスの選択を位置付けるサンプルです。 インデックス番号で位置付ける方法と、value値で位置付ける方法の2種 ...

スポンサーリンク