コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] セレクトボックスを未選択状態にする

投稿日:2016年10月9日 更新日:

セレクトボックスを未選択状態にするには、selectedIndexに -1 をセットすればOKです。

サンプルソース

例)ボタンを押すと、セレクトボックスで選択されたvalue値を表示する

実行サンプル

ボタンを押すと、セレクトボックスを未選択状態にします。

 

解説

  • selectedIndex値に -1 をセットすることで未選択状態にすることができます。
  • セレクトボックスの選択肢にブランクの項目が無くても未選択状態にできます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 配列の要素を比較する

配列の要素が同じかどうか比較する方法です。 配列をそのまま「==」などで比較すると、参照の比較となるためうまく比較できま ...

[JavaScript] サイト内にある画像の数を取得する(document.images.length)

サイト内にある画像の数を取得するには、document.images.lengthを使用します。 サンプルソース 例)サ ...

[JavaScript] 1970年1月1日からの経過ミリ秒を取得する(.getTime)

1970年1月1日からの経過ミリ秒を取得するには、.getTime()を使用します。 サンプルソース 例)1970/1/ ...

[JavaScript] 定数を定義する(const)

JavaScriptで定数を定義するには、constを使用します。 ※ECMAScript6以降対応ブラウザで使用可能で ...

[JavaScript] ページを離れる直前に処理を行う(onBeforeUnload)

ページを離れる直前に処理を行うには、onBeforeUnloadイベントハンドラを使用します。 サンプルソース 例)ペー ...

スポンサーリンク