JavaScript

[JavaScript] canvasに円を描画する(.arc)

投稿日:2017年11月8日 更新日:

canvasに円を描画するには、.beginPath().arc()を使用します。

サンプルソース

例)canvasに円を描画する

実行サンプル

上記サンプルの実行結果です。

構文

arcの構文です。

(arc構文)
arc(中心x座標, 中心y座標, 半径, 円弧の開始角, 円弧の終了角, 描画の方向)
中心x座標円の中心位置(px)
中心y座標円の中心位置(px)
半径半径(px)
円弧の開始角単位はラジアン
円弧の終了角単位はラジアン
描画の方向true:反時計回り false:時計回り(デフォルト)

解説

  • 円を描画する場合は、beginPathでパスを作ってから、arcメソッドで作画し、strokeで描画します。
  • 塗りつぶしたい場合はstrokeの代わりに、.fill()を使用します。
  • 角度からラジアンに変換するには、「角度xMath.PI/180」で求められます。
    例)60度⇒ 60*Math.PI/180

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


  1. カタヤマ ユウスケ より:

    実行してみました。3番目の円弧の左半分までしか表示されませんでした。
    コードを見ると、(400,100)を中心に、半径40の円弧を描くことになっています。
    これでは、”CANVAS”の幅が不足することが判りました。
    ”width”を「450」にすると、”実行結果”の通りになりました。
    ペーストしたコードを確認してもらうために、このようにしてあるのでしょう。
    ありがとうございました。

    • とら より:

      こんにちは
      表示しきれていないのは、サンプルの記述ミスでした。
      widthを450に修正させて頂きました。

      ご指摘ありがとうございます m(_ _)m

とら にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 枠線を設定する

JavaScriptで枠線を設定するサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すごとにid="target"要素の枠 ...

[JavaScript] モニターの利用可能なサイズを取得する(availWidth、availHeight)

モニターの利用可能なサイズを取得するには、screen.availWidth、screen.availHeight を使 ...

[JavaScript] オブジェクトの要素を全件取得する

オブジェクト(連想配列)の要素を全件取得するサンプルです。 サンプルソース 例)オブジェクトobjの全要素のキーと値を表 ...

[JavaScript] HTMLタグに独自属性を追加/取得する

HTMLタグに独自属性を追加/取得するサンプルです。 独自属性をセットする場合は .setAttribute()、 独自 ...

[JavaScript] if、for、while、do-while、switch句のサンプル

if句、for句、while句、do-while句、switch句のサンプルです。 書き方をど忘れした時にどうぞ。(;・ ...

スポンサーリンク