コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] 値の比較について

投稿日:2017年2月13日 更新日:

JavaScriptで値の比較をする場合に「==」を使うときは注意が必要です。

「==」での比較サンプル

「==」での比較は値が同じかどうかのみを比較して、型が一致するかどうかは考慮しないため以下のような結果となります。

【==による比較のサンプル】
比較結果
1 == 1TRUE
1 == '1'TRUE
'' == falseTRUE
' ' == falseTRUE
1 == trueTRUE
'1' == trueTRUE
null == trueFALSE
null == falseFALSE
null == undefinedTRUE
null == ''FALSE

型が違うことを考慮しても、不可解な判定がありますので「==」での比較はご注意ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 絶対値を求める(Math.abs)

絶対値を求めるには、Math.abs()を使用します。 構文 (aの絶対値を求めてxに代入する) var x = Mat ...

[JavaScript] オブジェクトが配列かどうか判定する

オブジェクトが配列かどうか判定するサンプルです。 サンプル instanceofを使う方法と、Array.isArray ...

[JavaScript] 配列を生成する

配列を生成するサンプルです。 配列を生成するサンプル 配列の生成方法には、以下3パターンがあります。 例)配列を生成する ...

[JavaScript] 数値カンマ編集を行うテキストボックス

フォーカスが当たるとカンマ編集を解除し、フォーカスが外れるとカンマ編集を行うテキストボックスのサンプルです。 数値カンマ ...

[JavaScript] サイト内にある画像の数を取得する(document.images.length)

サイト内にある画像の数を取得するには、document.images.lengthを使用します。 サンプルソース 例)サ ...

スポンサーリンク