JavaScript

[JavaScript] 乱数を取得する(Math.random)

投稿日:2016年10月1日 更新日:

乱数を取得するには、Math.random()を使用します。
このメソッドは0以上1未満の小数値を返すので、戻り値を取得したい値に変換します。

サンプル

例)乱数を取得するサンプルいろいろ

実行サンプル

ボタンを押すと、1~100の乱数を出力します。

 

解説

  • Math.random()の戻り値は、0以上1未満の小数値(例:0.4966213428441632)が取得できますので、これを欲しい数値に整形して使用します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 横位置を指定する(style.textAlign)

JavaScriptで横位置を指定するには、style.textAlignを使用します。 サンプルソース 例)ボタンを押 ...

[JavaScript] テーブルの行数、列数を取得する

テーブルの行数、列数を取得するにはrows.length、cells.lengthを使用します。 サンプル 例)id=& ...

[JavaScript] 実装を厳格化する(use strict)

JavaScriptのコードの書き方は、変数宣言をしなくてもOKだったりと、わりと曖昧なコードの書き方が許されています。 ...

[JavaScript] 正規表現パターンサンプル集

正規表現パターンのサンプルをまとめてみました。 ぜひご利用ください。 正規表現サンプル 【正規表現パターン】 パターン意 ...

[JavaScript] テキストを選択した時イベントを取得する(onSelect)

テキストボックスやテキストエリア内の文字を選択したときのイベントを取得するには、onselectを使用します。 サンプル ...

スポンサーリンク