JavaScript

[JavaScript] 乱数を取得する(Math.random)

投稿日:2016年10月1日 更新日:

乱数を取得するには、Math.random()を使用します。
このメソッドは0以上1未満の小数値を返すので、戻り値を取得したい値に変換します。

サンプル

例)乱数を取得するサンプルいろいろ

実行サンプル

ボタンを押すと、1~100の乱数を出力します。

 

解説

  • Math.random()の戻り値は、0以上1未満の小数値(例:0.4966213428441632)が取得できますので、これを欲しい数値に整形して使用します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 印刷ダイアログを開く(window.print)

印刷ダイアログを表示するには、window.print()を使用します。 サンプルソース 例)ボタンを押すと、印刷ダイア ...

[JavaScript] Function引数にデフォルト値を設定する

Function引数にデフォルト値を設定するサンプルです。 ※ECMAScript6対応ブラウザで使用できます。 サンプ ...

[JavaScript] ブラウザのリロード(再読込)ボタンを実装する

ブラウザの「リロード」(再読込)ボタンを実装するサンプルです。 window.location.reloadを使用します ...

[JavaScript] ページを離れる直前に処理を行う(onBeforeUnload)

ページを離れる直前に処理を行うには、onBeforeUnloadイベントハンドラを使用します。 サンプルソース 例)ペー ...

[JavaScript] HTMLタグに独自属性を設定する(dataset)

HTMLタグに独自の属性を設定したい場合は、datasetという仕組みを使用します。 カスタムデータ属性とも呼ばれます ...

スポンサーリンク