JavaScript

[JavaScript] 乱数を取得する(Math.random)

投稿日:2016年10月1日 更新日:

乱数を取得するには、Math.random()を使用します。
このメソッドは0以上1未満の小数値を返すので、戻り値を取得したい値に変換します。

サンプル

例)乱数を取得するサンプルいろいろ

実行サンプル

ボタンを押すと、1~100の乱数を出力します。

 

解説

  • Math.random()の戻り値は、0以上1未満の小数値(例:0.4966213428441632)が取得できますので、これを欲しい数値に整形して使用します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 指定した年が閏年かどうか判定する

指定した年が閏年かどうかを判定するファンクションサンプルです。 サンプル 例)引数に渡した年が閏年であればtrue、異な ...

[JavaScript] Javaアプレットが使用できるかどうか調べる

Javaアプレットが使用できるかどうか調べるサンプルです。 サンプルソース 例)javaアプレットが使用できるかどうか判 ...

[JavaScript] フォーマットを指定して日付を表示する

JavaScriptには日付をフォーマット指定して表示する関数が無いので、日付オブジェクトから年月日時分秒を取り出して整 ...

[JavaScript] ブラウザにインストールされているプラグインの情報を取得する(navigator.plugins)

ブラウザにインストールされているプラグインの情報を取得するには、window.navigator.plugins を使用 ...

[JavaScript] 指定した数値の中で一番大きな(小さな)数値を取得する

指定した数値のなかで一番大きい(小さい)数値を取得するサンプルです。 サンプルソース 数値は配列に格納されているものとし ...

スポンサーリンク