JavaScript

[JavaScript] 乱数を取得する(Math.random)

投稿日:2016年10月1日 更新日:

乱数を取得するには、Math.random()を使用します。
このメソッドは0以上1未満の小数値を返すので、戻り値を取得したい値に変換します。

サンプル

例)乱数を取得するサンプルいろいろ

実行サンプル

ボタンを押すと、1~100の乱数を出力します。

 

解説

  • Math.random()の戻り値は、0以上1未満の小数値(例:0.4966213428441632)が取得できますので、これを欲しい数値に整形して使用します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 四則演算を行う

JavsScriptでの四則演算のサンプルです。 サンプル 例)四則演算のサンプル [crayon-5ba7f1a8da ...

[JavaScript] Base64形式の画像データをcanvasに表示する

Base64形式の画像データをcanvasに表示するサンプルです。 サンプルソース 例)Base64文字列をcanvas ...

[JavaScript] コピー&ペーストを禁止する(onCopy, onPaste)

ページの文字コピーを禁止するサンプルと、 ページへのペースト(貼付け)を禁止するサンプルです。 ページのコピーを禁止にす ...

[JavaScript] フォーカスが当たっている要素オブジェクトを取得する(.activeElement)

フォーカスが当たっている要素オブジェクトを取得するには、.activeElementを使用します。 サンプルソース 例) ...

[JavaScript] サブウィンドウの名前を取得する(window名.name)

サブウィンドウの名前を取得するサンプルです。 サンプルソース 例)ボタンを押すと、サブウィンドウの名前を取得する [cr ...

スポンサーリンク