コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript 数学関数

[JavaScript] 乱数を取得する(Math.random)

投稿日:2016年10月1日 更新日:

乱数を取得するには、Math.random()を使用します。
このメソッドは0以上1未満の小数値を返すので、戻り値を取得したい値に変換します。

サンプル

例)乱数を取得するサンプルいろいろ

実行サンプル

ボタンを押すと、1~100の乱数を出力します。

 

解説

  • Math.random()の戻り値は、0以上1未満の小数値(例:0.4966213428441632)が取得できますので、これを欲しい数値に整形して使用します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript, 数学関数

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] JavaScriptの型

JavaScriptではvarで変数宣言するのであまり型を意識しないかもしれませんが、 内部的には以下の型が自動で判定さ ...

[JavaScript] 文字列をエスケープする(escape)

文字列をエスケープするには、escapeを使用します。 サンプルソース 例)文字列「みかん」をエスケープする [cray ...

[JavaScript] Numberの定数

Numberに定義されている定数の一覧です。 Numberの定数 定数メモ Number.NaNNaN値(NaN) Nu ...

[JavaScript] 連想配列の要素を削除する

連想配列の要素を削除するには deleteを使用します。 連想配列の要素を削除する 例)連想配列"arr"から、キー"k ...

[JavaScript] 指定したCSSクラス名の全ての背景色を変更する

指定したCSSクラス名が定義された要素全ての背景色を変更するサンプルです。 ソースを一部書き換えれば、背景色以外の変更に ...

スポンサーリンク