コピペで使える JavaScript逆引きリファレンス

JavaScript/jQuery開発時に、こそっとお使いください。

JavaScript

[JavaScript] JSON文字列からオブジェクトに変換する

投稿日:2016年11月23日 更新日:

JSON文字列をJavaScriptオブジェクトに変換するには JSON.parseを使用します。

サンプルソース

例)JSON文字列をオブジェクトに変換する

(結果)
obj.name → "山田太郎" obj.age → 10 obj.gender → "M"

解説

  • 引数にnullを渡すと、nullが返ります。
  • 引数にJSON文字列でない値を渡すと、エラーとなります。
  • JSON文字列のキーと値は、ダブルクォーテーションで囲われている必要があります。
  • オブジェクトからJSON文字列に変換したい場合は以下記事をご覧ください。
    →「オブジェクトからJSON文字列に変換する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-JavaScript
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[JavaScript] 初期チェック状態を取得する(.defaultChecked)

チェックボックス等の初期チェック状態を取得するには、.defaultCheckedを使います。 サンプルソース 例)ボタ ...

[JavaScript] 画面のサイズを変更する(resizeTo、resizeBy)

画面のサイズを変更するにはresizeToまたはresizeByを使用します。 resizeToとresizeByの違い ...

[JavaScript] 配列内の要素を検索する

配列内の要素を検索するには、indexOfを使用します。 存在する場合は存在したインデックス番号が返り、存在しない場合は ...

[JavaScript] 同名Functionが複数存在する場合の動き

同じfunction名の関数が複数定義されている場合は、一番最後に定義されているfunctionが実行されます。 同名・ ...

[JavaScript] 配列の要素を比較する

配列の要素が同じかどうか比較する方法です。 配列をそのまま「==」などで比較すると、参照の比較となるためうまく比較できま ...

スポンサーリンク